万願寺とうがらしレシピ 海老と吉野酢 射込み万願寺 おひたし

■万願寺唐辛子

6月、関西では初夏の味として万願寺をよく使います 万願寺は京野菜として有名です

15センチほどの長さは見事で、獅子唐を大きくした姿は凛々しく、初夏の素材として最

適です お客様にも喜ばれます

DSC04204

もともとはピーマンと唐辛子の交配種で大正時代には食べられていました 普通の京野菜よりも実際は歴史がありません

しかし、京野菜としての冠を持っているだけあって価格は高めです その為に、似た商品が他の産地でたくさん栽培されています 原価が気になる場合は、このような偽物?を使うのも良いかもしれません

DSC04207

DSC04101

焼いてオカカと共にお浸しを思い浮かべる方が多いと思います シンプルで素材の味を生かす食べ方です

今日はいくつかの万願寺とうがらし料理を紹介します

■万願寺唐辛子と海老、夏野菜の吉野酢炒め

マーマレードの酸味と甘味がおいしい一品です
海老は皮をむき背わたを除きます 、醤油にて軽く洗います

DSC00012
人参は拍子切りとします れんこんは一口の輪切りとします 南瓜はスライス しめじはほぐします 玉ねぎは一口サイズです

DSC00014

万願寺とうがらしはタネを取り切りつけます

DSC00020 DSC00021

海老をを溶いた片栗粉で揚げます 完全に火を通します

DSC00017 DSC00018

人参 蓮根 南瓜は予め湯通しします 素材に火が通りにくいのでそうします

DSC00016

油を少量いれて材料を軽く炒めます

DSC00023

出し4  米酢1  白醤油1  味醂1 砂糖 マーマレードジャム でソースを作ります 材料にソースをからめます  葛をひきます 白醤油はキノエネ) 白しょうゆ 1.8Lを必ず使ってください 他の醤油とは味が全く違います マーマレードと砂糖は好みで調整します 全体的に少し甘めが美味しく頂けます 

 

DSC00026

しかり煮詰めます

DSC00027

盛り付けをします マーマレードがアクセントの爽やかな酸味の料理です 完成です

DSC00029

■万願寺唐辛子の海老真丈鋳込み
おめでたい席によく作られます 

腹身獅子唐などと呼びます 子宝を祈り婚礼や正月によく出されます 万願寺を開いて

その中に、エビのすり身をいれます そして天婦羅などにします

生身は当たりばちでよく当たります 酒と薄口醤油をいれます 味醂も少量いれます 

薄口醤油はヒガシマルうすくちしょうゆ(1L)を使ってます 叩いたクルマエビをいれ

ます 更に当たります 卵の元を少量いれます

DSC02885 DSC02886

絞った玉ねぎ微塵切りをいれます

DSC02889

詳しくは 海老真丈の作り方を御覧ください

万願寺とうがらしは包丁で腹を片側だけ切り込みを入れます

DSC00039 DSC00040

中の種を取ります 箸などを利用すると良いでしょう

DSC00042

中に片栗粉をまんべんなくふるいます

DSC00043

海老真丈を鋳込みます  万願寺とうがらしを破かないように注意しましょう

DSC00044

表面は膨らみます あまり、真丈が飛び出さないように均します 三枚目の写真は裏側の写真です

DSC00045 DSC00046

DSC00047

全体に粉うちします

DSC00043

衣は薄めです 万願寺唐辛子の色を出すためと、火の通りを良くするためです

DSC00048 DSC00050

2分から3分揚げます 普通ですと2分ほどで火が入りますが、万願寺の太さによって時間調整をしてください 油はできれば胡麻油をブレンドしてください

DSC00052

あしらいとして、南瓜と楓麸を添えました

DSC00053 DSC00054

包丁にて切りつけて、盛りつけします

DSC00055

盛りつけします 長さを強調してそのままの姿で盛るのが良いでしょう

DSC00059

天つゆ 大根おろしを添えます 完成です 

■万願寺とうがらしの焼き浸し

最も有名万願寺料理です シンプルながらの美味しさですね 

DSC00062DSC00064

DSC00066

片面が黒くなったら反対を焼きます

DSC00069両面をしっかり焼きます

DSC00070
黒くなったら水に落とします 

DSC00071

焦げた部分を手で落とします 強くこすると綺麗に取れます

DSC00073 DSC00074

切りつけをします

DSC00076かつを節と和えます 今回は薄口醤油1 出し2で和えます 薄口醤油は東丸 薄口醤油1.8L 【05P01Jun20】を使用してください プロ御用達です

DSC00077

DSC00079

盛り付けをします 天盛りでジャコなどもよくあいます 今回はムキエビです 完成です 初夏の万願寺とうがらしの基本のレシピですね

DSC00084

関連記事

アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る