とうもろこしレシピ 和食簡単すり流し 玉蜀黍の白玉団子を添えて 

■とうもろこし

 

DSC00094

DSC00090

日本人にとって、焼き玉蜀黍は最高です 屋台の醤油の焦げた匂い、まさしく大衆の味 家庭で生の玉蜀黍を食べる場合は蒸すか煮るが多いようですが、皮つきの生は意外と敬遠されがちです コーンというと缶詰のイメージが強く、手軽に使えるので家庭では缶詰が人気です 

■日本料理と玉蜀黍

夏の日本料理で重宝する素材です 主役にはなりにくいのですが、鱧や冬瓜などの脇役が良く似合います 彩の黄色も日本料理では是非ほしい色取、そんなところでも重宝に使われるのかもしれません 

程よい甘味が煮物や焼き物などにもよく合います 特に「吸い物の玉蜀黍すり流し」は有名どころです 甘いとうもろこしの香りとかつお出しがぴったりの相性です 今回はとうもろこしの白玉団子を使ったすり流しを紹介します

■とうもろこしのすり流し 玉蜀黍白玉と青菜と人参

とうもろこしは軽く水洗いをします 意外と土などが付いています 洗ってください 外側の皮をむきます 白い毛も混じらないように捨ててください

DSC00109

DSC00110

 

とうもろこしは蒸すのがおすすめです 茹でると甘味が落ちます 15分ほど蒸して下さい

DSC00130

蒸しおえたら実をほぐします かつらむきにムキとるか、縦方向にそぎ取ります 今回は縦方向にそぎ取ります 写真のように実を落として下さい 少し深めでも大丈夫です

DSC00132 DSC00134 DSC00133

 

実を集めて手でほぐします

DSC00135

実を裏ごしてゆきます  裏ごしにとうもろこしを押し付けるようにして、力強く裏ごします

DSC00138

DSC00139

 

メが詰まりやすいので、何度も皮を取り除きながら裏ごしをします 写真が不要な皮です

DSC00142

 

裏ごししたとうもろこしで白玉を作ります 白玉はこなやの底力 旨い白玉粉(国内産) 1kgが良いと思います 別格です 白玉粉を練ります 少し堅めに仕上げてください このあと、裏ごしたとうもろこしの水分が入ります 注意が必要です

DSC00148

 

裏ごししたとうもろこしを入れます できるだけ絞らないでください 甘味が抜けてしまいます

DSC00151

さらに練ります

DSC00153 DSC00154

 

形を作ります 丸くして中央をへこませます

DSC00156

沸騰した湯に入れます 通常は浮いてきたら茹であがりと言いますが、浮く少し前にだしてください 浮いてしまってからだと茹で過ぎて食感が損なわれるます

DSC00157

必ず氷水に落とします しっかり締めます

DSC00159

 

 

 

出しを沸かします 塩と薄く口で味をとります

DSC00167

そこに裏ごしした、先ほどのとうもろこしを入れてゆきます

DSC00170

多少のアクが出ます 取り除きます

DSC00171

 

くずを引きます くず1に水1で戻しています とろみをつけます くずは野田屋の本葛(1kg)です 臭みがまったくありません 高級品です

DSC00172

弱火にして少し練ります 味を調えます

DSC00173盛り付けをします 青菜 人参 白玉です これらは予め温めておきます

DSC00161

とうもろこしのすり流しを注ぎます 

「とうもろこしのすり流し 白玉玉蜀黍添え」 完成です ほのかな甘みが最高です おすすめの和食レシピです

DSC00182

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る