タコをさばく 活けたこ茹で方レシピ 簡単2ポイント 

簡単ポイント

①キュキュとなるまで洗う

②ゆで時間は番茶で20分 

タコ

タコの種類は50種類を超えます 流通されているタコは「マダコ ミズタコ イイダコ」の3種類がほとんどです 世界中のタコの漁獲量の3分の2を日本で消費しています 

毒性のタコもいるので注意が必要です

特に注意が必要なのは「ヒョウモンダコ」です ふぐの毒と同じテトロドトキシンの毒を持っています もともと、温かい海にいたのですが近場の岩場などでも目撃されています ヒョウモンダコについてはこちらをご覧下さい 静岡県のページに飛びます

 

頭と呼ばれている部分は、正式には胴体になります 頭の部分は目の奥くらいの場所です 口は足の付け根 口のような管はスミを吐き出す排水口です

 

マダコは大きいものだと4㌔を超えます 夜行性で魚や貝を食べています 海岸線や岸壁の岩場や砂地にも住んでいます 時折、釣り人の針にも小型のマダコが釣れることがあります 

以前、実際に岸壁で釣ったことがありますが、てんやと言う道具に豚の脂身をタコ糸でくくり、誘いながら釣り上げます 小型ですが意外と釣れて10匹ほどの真蛸を釣り上げました  

 

ミズタコというタコも日本ではよく食されます 大型のたこで北海道で水揚げされます 全長が3m以上にもなる日本最大のタコです 正月の酢漬けのタコ、あぶり、しゃぶしゃぶなどに調理されます

■タコをさばきます

今回入荷されたタコです 千葉県産の真蛸です 

発泡スチロールの中に生きている状態で納品されました 写真の青い小箱は酸素を供給しています 真蛸は逃げ出さないように赤いネットに入っています

 

DSC03943

外見です

DSC03944

ネットの中に真蛸はいます

真蛸は味が濃く日本料理では定番のタコです 刺身やあぶり、そして蛸の小倉煮などお馴染みの料理から創作料理まで大活躍の素材です 

 

近頃では輸入のものも多く、モッロッコ、アフリカなどと呼ばれ多くの料理店で使われています 近頃の傾向としてモロッコ産は減少の傾向にあります それに変わりスペイン産のタコが増える傾向にあります それらの、輸入タコに比べて、活けタコは高級な食材になります

 

ネットごとボールに移しました 多くの場合はスミをたくさん吐いていると思います 

DSC01530

 

ネットから出します 今回は生きたまま捌きますが、タコの急所を刺して〆てから捌く方法もあります 参考までにタコの急所は目と目の間です その場所を目打ちで刺すことで〆ことができます 生きているタコが苦手な方は〆てから調理するのもよいでしょう

 

では、捌いてゆきます 頭の中に指を入れて内臓、卵などを取り出します 同時に頭の皮を裏返します

DSC01631

内臓が見えています

DSC01632 DSC01628

 

目を十字に切ります 眼球を取り出します

DSC01670 DSC01673

塩でもみます 水洗いします 流水しながらもみ洗いを繰り返します 時間は5分以上、少し長めに処理します キュキュと音がするまで洗ってください ヌルミを残すと臭みの原因となります 

DSC01648

もみ洗いです

DSC01644

DSC01635

全体を万遍なく

DSC01637

足と足の間を切ります これは茹でたときに足がきれいに、まるまるようにするためです

DSC01668 DSC01666

 

茹でます 大きめの鍋を用意します 鍋に塩を入れます ここで番茶を使います 番茶を布巾やリードに包んで入れます  下記の楽天のリンク程度の番茶がお勧めです ティーバックなので楽です 番茶を使う理由は仕上がりの色が違うのと、タコの臭みが消えます このやり方を「茶ぶり」といいます 上下にお茶の中を振りながら茹でるのでこの名がつきました 日本料理ではもっとも一般的なタコの調理方法です

DSC01664

DSC01675 DSC01676

タコの頭にフックをかけます 和食では金串を曲げて利用します フックをつけると茹でやすくなります 上下に振りながらゆっくりと全体を入れます

DSC01728 DSC01744

ゆで時間は20分です 大きさによって15分でも大丈夫です 写真の大きさでは20分は最低必要です ゆであがったタコは吊るして冷ます、もしくはバットなどで冷まします

DSC01758

荒熱がとれれば完成です 冷蔵庫で冷まして刺身にします 冷凍保存も可能です その場合はタコ足を一本ずつラップしてください

刺身を引きました 深い味わいは活けタコならではです 輸入のタコと異なりはっきりとした味わいが特徴です 梅肉醤油などもよく合います  これで完成です

DSC01760

 

関連記事 フレッシュマスター 鮮魚と精肉長持ち マグロで実験 和食の道具

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る