蕗の葉 日本料理の掻敷

日本料理の掻敷 蕗の葉

蕗は日当たりの良い斜面などで多く見られます 栽培されている蕗とちがいアクが強めですが美味しいきゃらぶきが作れます

掻敷として使うのは、3月から4月にかけての新し葉がおすすめです 丁寧にやさしく扱ってください 折れ目がつくと色が変色します

 

おすすめの使い方はお刺身や焼き物です 焼き物の場合は、蕗味噌焼きなどに使用すると料理の格が一段あがります

 

今回は三点盛りの刺し身で使用してみました 初夏の感じが演出されています

DSCF1480

追記

蕗の葉にはツヤ蕗という種類があります 葉がツヤツヤと輝いていて、硬い茎を持っています 食べることも可能だとは聞いていますが定かではありません 参考までに写真を掲載します 和食では一般的に使用しません

DSCF1535

関連記事 蕗のとう 日本料理の野菜 フキ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る