フレッシュマスター 鮮魚や精肉長持ちマグロで実験 和食の道具

フレッシュマスター

先日、foodex japanで目に付いた商品です

foodex japanは国際的な食品の展示会です 世界の食品、食品機材、アルコールなどの情報が集まります

78の国から3200社が集まります

日本のブースでは都道府県ごとの食品が多数参加をしていて、飲食、ホテル、スパーなどのバイヤーが目を輝かせていました

そんな中、見つけたのがこのフレッシュマスターです

簡単に商品の説明をします

製造メーカー ユニ・チャーム

鮮魚や精肉のための鮮度保持シート

効果 色持ちがいい 干からびない 臭みの発生防止 旨みアップ ドリップ抑制 きれいに発色 熟成をサポート

となっています

今回特に注目したのはドリップの抑制です

刺身では鮮度が命です

鯛、スズキ、ヒラマサ、勘八、赤貝、ホタテ、アワビ・・・と生きが良いのが当たり前

美味しさは新鮮のうえに成り立っています

更に刺身といえばマグロ

マグロも鮮度が一番大切です

鮮度を守るためには白身であれマグロであれドリップのことを考えなくてはいけません

言うまでもなく日本人はマグロ好きです スーパーに行けば1000円以上のマグロの刺身がたくさん並んでいます

和食店でも1kg数万円のマグロが普通に取引されています 本マグロなどはその頂点に君臨しています

高級素材、鮮度を守る強い味方がフレッシュマスターです

早速、使ってゆきます

キッチンタオルとフレッシュマスターの上にマグロを置いて一晩冷蔵庫に入れました

下記の写真を比べてください キッチンタオルはドリップが広がっていますがフレッシュマスターは全く広がっていません

触ってもフレッシュマスターのマグロはさらっとしています キチンタオルはベタベタとしています

色合いもはっきり違いが見て取れます

DSC04115

左フレッシュマスター 右キッチンタオル

そして、この状態で二日目の写真です 更に差が出てきます

DSC04116

フレッシュマスター

DSC04118

キッチンタオル

DSC04122

ドリップなしサラサラ フレッシュマスター

DSC04121

ドリップが出ているキッチンタオル

変色した部分を拡大すると、ドリップして色が抜けているのがよくわかります

DSC04119

 

すでに常識フレッシュマスター

実はこのフレッシュマスターはすでにスーパーなどでは当たり前の商品です

パックに詰められたマグロや白身の下を見てみてください

白いシートが敷かれています それがフレッシュマスターです

スーパーなどの鮮度維持ですでに実証済みということですね

精肉のパックの下にも時折見かけます 探してみてください

和食の方々に聞いてみたのですが、みなさん「知らない」とのお返事

ん、遅れをとっていますね 和食

 

実際に使った効果をまとめてみます

生マグロ

フレッシュマスターで包みして使用 7日目ほとんど味、色変色なし 赤身の色保持

鯛のフィレ

4日目でも身が締まっている 舌触り良い 旨みあり

牛ひれ肉

6日間 色目良い 柔らかい

となっています プロも驚く実力です

フレッシュマスターの使い方

多孔フィルム面を食品側にします サラサラしているのですぐにわかります

下にひく+ラップ 鮪や白身 茹で野菜

上下にひく+ラップ 生マグロ 白身(大型)

下にひく 寿司店などのネタケースなど

包み込む+ラップ 寿司ネタ 牛肉 豚肉

フレッシュマスター種類

大ロール

価格1050円 サイズ375 240 50カット

中ロール

価格790円 サイズ280 240 50カット

DSC03916

左大 右中

バット用シート

価格1080円 サイズ250 350 50枚

DSC03914

パット用

となっています

参考までに一般てきなキッチンタオルの情報も書きます

大黒工業製キッチンペーパー

280mm×240mm 天然パルプ 80枚カット 460円

DSC03926

キッチンペーパー 天然パルプ

キッチンペーパーEタイプ

大黒工業製 275mm×220mm 120枚×2ロール 315円

DSC03925

ライオンのリードペーパーを使っている方も多いと思います

業務用 リードペーパー 中 75枚×2ロール

価格:4,408円
(2016/3/21 14:16時点)
感想(0件)

下記はサイズ違いです

リードペーパー 調理ペーパー 小サイズ 75枚×2ロール 業務用

新品価格
¥470から
(2016/3/21 14:21時点)


フレッシュマスターをキッチンタオルやおしぼり、タオル、さらし、などを使っている職人さん 是非、一度試してみてください 鮮度、味、色が格段に変わります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    アーカイブ

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    このサイトについて

    このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

    専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

    調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

    経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

    世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

     

    おすすめ記事

    1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
    2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
    3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
    4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
    ページ上部へ戻る