烏賊の塩辛 ワタとゲソの処理を写真解説 3つのポイントで簡単調理

美味しさでは断トツのスルメ烏賊

細い姿の美しい烏賊です 

日本の漁港では夜のスルメ漁がおこなわれます

漁灯に集まった烏賊を網ですくって捕獲します

自動イカ釣り機での漁も盛んで、船内冷凍された烏賊は鮮度を維持して市場に出回ります

烏賊は刺身、焼き物、酢の物と調理の幅が広く日本料理に限らず大活躍です

本当に美味しい烏賊で日本人に愛されている烏賊です

 

今回はお待ちかねの「塩辛」です

温かいご飯に 辛口の日本酒に ぴったりの美味しさ

日本人にとって大切な一品です 塩辛の好きな方は大変に多く、職人として和食ではマスターしたいレシピの一つです

基本的な作り方は烏賊の身と烏賊のわたと塩で作ります 烏賊のワタが最も大切な材料です

一にも二にも新鮮な烏賊でつくりましょう 

 

烏賊の見極め方

鮮度は塩辛にとって命です スルメ烏賊を買うときに鮮度を見極める必要があります

私の選び方は色です

透明に近いこと

透き通るような外見が最も鮮度が良いものです

これを過ぎると茶色が濃くなり最終的には白色になります

日本料理の塩辛

日本料理では市販されている塩辛よりも細く切ります

また、柚子と鷹の爪は必ず入っています 今回も日本料理の基本通りに進めてゆきます

身をさばいた後からの説明です 身がさばけない方はこちらをご覧ください

スルメ烏賊の身のさばき方と刺身

3つのポイント

身は乾かす

細く切る ゲソと耳は高級店は避ける

焼き串を使う

身は必ず乾燥させます 水気がなくなるまで干してください 日持ちや味に影響が出ます 必ず干してください ゲソと耳ですが入れれば全体量が増えます しかし、ゲソや耳が入っていると多少高級感が損なわれます 焼き串は臭みとりになります

DSC02375

盆ざるで乾かします

いかの塩辛を作ってゆきます

ワタとゲソを掃除します 最初に切り離します 目のあたりを目印に切ります 目のところで切ると目玉の掃除が楽にできます 目玉を取り除きます

DSC02376

包丁はこの場所に入れます

DSC02377

切り離します

DSC02378

水洗いです

DSC02379

眼球を取ります

DSC02380

 

ワタには墨袋がついています 引っ張って取り除きます 墨袋を破かないように注意してください 破いてしまうとワタが使えなくなります

 

DSC02383

引っ張ているのが墨袋です

DSC02384

ゆっくり

DSC02385

外れました

 

ゲソの掃除をします ゲソを塩辛に使うかどうかは難しい選択です 高級店では塩辛にゲソは入れません 売値や店舗によって選択してください

DSC02392

切り落とします

DSC02393

このくらいの長さで切ります

ゲソは長い手が二本あります 包丁で落とします

半分に開きます 中からくちばしが出てきます 取り除きます

DSC02394

この位置を切ります

DSC02395

丸いのが口です

DSC02396

指で取ります

DSC02397

この後、掃除します

イボと皮をタオルなどで取り除きます 皮つき、イボ付きで使用する店もありますが、取り除いたほうが食感がよくなります

DSC02398

イボは残しません

DSC02399

丁寧に

耳の先端を切りつけて皮をむきます 裏表実施してください

DSC02387

皮を引っ張ります

DSC02391

皮がむけた状態

DSC02390

残りの皮をむきます

DSC02389

もう少しです

DSC02388ワタを塩につけます べた塩(たっぷりの塩)に漬け込みします 6時間以上(1晩が理想)漬け込みます 余分な水分が抜けて味がおいしくなります

DSC02400

隙間を開けて並べます

DSC02403

強い塩をします

翌日、ワタは軽くし塩を落として、裏ごしします

DSC02406

裏ごしです

DSC02407

残さずきれいに裏ごしします

烏賊を切ります 千切りが基本です 日本料理店ではかなり薄く切ります

DSC02413

このくらいの細さです

ワタに身を入れます 必要によってゲソと耳を入れます  軽く箸で混ぜます

DSC02416

ワタに身を入れます

DSC02417

かき回します

 

金串をガス台で焼きます 2.3本がよいでしょう

DSC02419

赤くなるまで焼きます

真っ赤に焼けた金串を烏賊の中に入れてかき混ぜます 臭みが消えます 必ず実施してください

DSC02421

焼きぐしを一気に入れます

DSC02422

さらにかき混ぜます

鷹の爪を輪切りで入れます 天盛は針柚子を散らします 塩の味はこの段階で味を見て入れます ワタを塩漬けにしているのでそれなりの辛さがあります 好みで調整をしてください 出来てすぐ食べられますが冷蔵庫で寝かせると味が落ち着きます 塩味を濃くすると腐りにくくなります 1週間程度使う店が多いのですが、2.3日で使い切ることをお勧めします それ以外は冷凍するのが安心です

DSC02424

完成です

いかの塩辛は写真のようにこのまま提供してもよいのですが、あえ物やソースなどにすることもできます また、粉トウガラシや麹をいれて個性豊かな塩辛も作れます 研究をして和食の技を極めてください 烏賊の塩辛はこれで終わります



 

関連ページ 烏賊のさばき方 烏賊刺し

関連ページ ホタルイカの下処理 酢味噌和えの作り方

関連記事

アーカイブ

2016年2月
« 10月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る