いちじく 2種類の天麩羅レシピ 簡単3つのコツ 

簡単3つのコツ

①皮は薄くむく

②切りつけは輪切り

③薄衣で2分揚げ 胡麻との相性最高!

■いちじく

いちじくは甲州煮としてワインで煮られることが多い食材です 今回紹介します天麩羅も初夏の日本料理を代表する献立です

いちじくは傷みやすいので注意が必要です 特に天麩羅には熟した実は適しません ほどほどの硬さがある無花果を用意しましょう

DSC04109

皮をむく際に、皮を引っ張ってむくと、実に穴が開いてしまいます 中の実が油の中に流れでてしまうので引っ張ってむかずに、りんごの皮をむくようにむいてください

皮をむく際の白い液は、皮膚を溶かします 大量の調理は手袋をしましょう

いちじくは胡麻と相性が良い食材です ほのかな甘さがとても胡麻の香りとあいます 今回の天麩羅も胡麻をまぶして揚げる利休揚げを作ります 胡麻料理を利休揚げというのは、千利休が胡麻の料理が好きだったのがその名の由来です 普通の天麩羅も揚げてゆきますので、コースやお客様の内容によって、天麩羅を使い分けてみてください

■いちじくの皮むき

皮をむきます りんごの皮のように、薄くむいてください できるだけ、実に穴を開けないように注意しましょう 白い液は手荒れします 注意しましょう

DSC04111

 

全体がむけたら、天地を落とします できるだけ少なく落としてください 中身が揚げている時に飛び出してしまいます 穴を開けないように少なめに落としています

DSC04115 DSC04114

輪切りにします 切る方向が大切です 縦方向よりも横方向がオススメです また、包丁を滑らせて切ってください 上から押して切ると実がつぶれてしまいます 静かにすべらせるのがコツです

DSC04116

切れましたら粉をうちます 日清製粉 菓子用小麦粉 スーパーバイオレット <薄力粉> 2.5kg_を使用します まんべんなく粉を打ちましょう 中身や水分が出るのを防ぎます
DSC04120

 

衣をつけます 衣は薄めです 薄く短時間で揚げます

DSC04123 DSC04124

普通の天麩羅はこれで油に入れます 今回は利休揚げをします 胡麻をまぶします 黒胡麻と混ぜても良いでしょう

DSC04129 DSC04130

まんべんなくまぶしてから、油にいれます ボーソー キャノーラ 白絞油 16.5kg 【1斗缶】  ※1缶につき1個口の送料を使います 2分揚げます 切り口を見せてたいので半分に切ります

DSC04135

 

盛り付けをしてゆきます ししとうを一緒に盛っています 季節柄、万願寺などを使っても良いでしょう 南瓜も胡麻とは相性があいます 夏野菜ですし・・・

[ad#ad1]

 

 

DSC04141

シンプルな天麩羅の場合・・・胡麻をまぶさないで揚げてゆきます 粉打ちと衣のみです

DSC04126

盛り付けをしてゆきます

DSC04137

中の水分が出る前にお客様に提供しましょう 時間との勝負です どんなにカラッと揚げてもいちじくは中の水分が出てきます 注意が必要です 天つゆで勧めても良いのですが、ごまタレなども可能です 工夫しましょう

その他のいちじくレシピです

いちじくコンポートレシピ 簡単3つのコツ 

関連記事

アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る