ヤマモモ 山桃のソース ジャムを使った簡単レシピ 

■ヤマモモ

赤い実が木いっぱいに実ります

徳島や高知で収穫されます 和食ではワイン煮、食前酒、焼き物のあしらい、前菜、ジャム、ソースなどに使われます

 

傷みやすい食材です 匂いがでて虫もわきます 生の物は早めに調理しましょう

 

瓶詰めも販売されています  25ヶ前後入っています 和食店ではほとんど、このような商品を利用しています 手軽に使えます 

楽天市場はこちら

山桃

価格:1,459円
(2015/6/4 17:18時点)


Amazonはこちらやまももシロップ漬 固形量 220g


■香るジャム

高知県の古くから知る板前からヤマモモのジャムを頂きました

知人いわく

「今までは、生のヤマモモかヤマモモの瓶詰めを裏ごしてソースにしてたんだけど、大変だろ?タネ取り、裏ごし、煮詰め・・・で、近頃このジャムを使っているんだよ なかなか、使いやすいよ」

とのこで、薦められました 

DSC02794

商品を作っているのは高知の老舗お菓子屋、浜幸さん 高知では有名なお菓子屋さんです 

 

特に浜幸さんは「土佐銘菓かんざし」という商品が有名です 雑誌で話題のお菓子です ご存知の方も多いかと思います

DSC02819

 

実はこの「土佐銘菓かんざし」も知人から頂きました 

銘菓かんざしは「よさこい節」にちなんだお菓子です。昭和37年(1962年)に発売しました。 年間450万個を発売。高知のお土産菓子の中で最も売れているお菓子です 

 

食べて驚きのしっとり感 マドレーヌのような・・・バター、卵などがたっぷり入っています  本当においしかった   土佐銘菓かんざしの【浜幸】

 

さて、話を戻して香るジャムについて

DSC02816

このジャムの凄いとこは「海洋深層水」を使っていること そして、火を出来るだけ入れないようにしていること だから、フルーツの持ち味が生きているわけです

 

種類は6種類 柚子 土佐文旦 ヤマモモ 小夏 すもも 黒ブドウ 興味をそそられる品揃えです 苺やマーマレードなどの定番はあえて作らない ここが魅力です

 

その中で今回の主役は「ヤマモモジャム」です 早速、試食しました

 

ジャムは酸味があるほど甘みが引き立ちます 

このジャムはその典型的な、さらに理想的なお味 パンに付けても今までに味わったことのない食感と味 更に、家族に好評だったのがバターを薄く塗って「ヤマモモジャム」を塗る これ最高!

 

よく研究されています 感心します 

 

香りがいいのも驚きです 名前の通り香りがしっかりと残っています 火を入れすぎていない証拠です

 

■ヤマモモジャムのソースレシピ

ヤマモモジャムは590円で190g入っています 先ほどの中国産ヤマモモはタネがついて756円で240gです ヤマモモジャムが果肉のみで190g590円が安いのがわかると思います 

今回のレシピは先ほどの高知の板前から教わったレシピです 簡単ですので是非やってみてください 40人前近くヤマモモソースが出来ます

 

瓶の中身を出します 

DSC02759

空き瓶んに赤ワインをすりきりまで入れます ということはヤマモモジャムとワインは同量となります

DSC02760

 

ボールで予め混ぜ合わせます これは焦げない工夫です 火にかけます 

DSC02761

 

砂糖は不要です ジャムの甘さで十分に整います 火にかける時間は短めにして香りが逃げるのを防ぎます 酸味のレモンも不要です

かき回して沸騰寸前に薄く葛を引きます 味がまろやかになります

DSC02763

 

粗熱をとってソースの出来上がりです プロ志向の本格的なヤマモモソースです 盛り付けをします アイスクリームを置きます 

 

アイスクリームは業務用アイスがお得です 2リットルか4リットルサイズで乳脂肪分10%程度のもの・・・F・Bクリエイトさんはアイスクリームが大変お得です 

楽天市場はこちら

 Amazonはこちら

業務用 アイスクリーム 4リットル 明治バニラ 業務用アイス

 

DSC02767

 

ヤマモモソースをかけて、ヤマモモの実 ブルーベリー、生クリームなどを盛りつけします 完成です

DSC02791

 

香るヤマモモジャムはこちらで販売しています

土佐銘菓かんざしの【浜幸】

 
おススメです 私の調理場のミネラルウオーターです 料理の味が変わります プレミアムウォーターは、富士山の玄武岩層、地下約200メートルから汲み上げられた天然水です。 サーバー&配送料は無料でのご提供。 他社と比べても、スタイリッシュなデザインサーバーなので、 インテリアに気を使う方や、女性にも大人気です。 何も足さない自然の水を富士山からそのままお届けする 「プレミアムウォーター」です 女性にも人気のプレミアムウォーター



そのほかの山桃の記事です

ヤマモモジャム 簡単レシピ 山桃の基本

ヤマモモシロップ漬け ヤマモモ甘露煮 レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る