おせち料理の飾り 千両、熊笹、松、竹、葉蘭、ダイソーの正月用品も研究

お節料理の飾り付け

今回はお正月の定番おせち料理を違った切り口で特集します

中に入っている料理ではなく、料理を盛り立てる脇役たちを考えます

おせち料理には松や南天などが飾られます その他にも普段使うことのない色々な豪華な飾りが使われます 今回は和食の演出の技を紹介します 栗きんとんなどの主役の料理達は他の記事ですでに特集しています 

日本人にとって大切な行事、正月

一年の始まりに、初詣をして神様に一年の息災を祈ります 甘酒を飲んだり、おみくじをひいたり、お餅を食べたり、おとし玉をもらったりと、正月ならではの行事が続きます

そんな中、忘れてはいけないのがおせち料理です 

元旦の朝に家族が揃って屠蘇で挨拶、そしておせち料理とお雑煮が食卓に並びます 普段の食事と違い、少しかしこまった雰囲気 一年の始まりを実感する瞬間です 

なぜ、おせち料理

  • 日持ちが良い 
  • 縁起が良い
  • 見た目が良い

普段忙しい主婦の方々に正月くらいはゆっくりしてもらいたい…そんな思いで、日持ちする料理を多く重箱に詰め合わせます 味や糖度を濃くして朝から晩まで、昔は三ヶ日おせちを食べました 

近頃は、すき焼き、寄せ鍋、カレーなどを決まって食べる家庭も多いようです 外食なん方も多いかもしれません

さて、演出の小道具は下記のような条件のものが必要です

  • 縁起の良いもの
  • 毒性でないもの
  • トゲのないもの
  • 日持ちするもの

これらが基本条件です 特に間違えて食べても安全であることが最も重要です 

近頃はプラスチックでできているものも多く見られます もちろんこれらも、安全で食品に使用出来るものを選びましょう 100均などでも見かけます 今回はそれらも含めて紹介してゆきます 

最初は自然のものから紹介します

五葉松

松は数種類あります その中で和食として最も適しているのがこの五葉松です 特徴は何と言っても葉が短いことです そのために重箱に入れたときに収まりやすく、見た目もコンパクトで落ち着いて見えます 

五葉松の使いかた

先程も触れましたが、先がトゲトゲしていますので、先端だけを少し切ります その後、洗剤水で洗います 流水で10分、そのままおきます これは、付いている虫などの対策です 流水後、完成です

五葉松と黒松の違いは下記の写真をご覧ください 一本一本の葉の長さが違います

五葉松

dsc03316

短い葉が特徴

黒松

dsc03201

長い葉が特徴

違いがわかりますか?今度は並べて比較します

右が黒松 左が五葉松 葉の長さが短いのが五葉松となります 正月に飾りとして使うのは五葉松です お重などに添えるのに適しています 暮れには花屋さんでも購入できます

dsc03210

比べるとこんな感じ

黒松

上の写真の長い葉を使います 和食でよくやられる使い方は黒豆をさします 煮物やかまぼこなどの上にアクセントとして盛り付けます この場合も必ず先端は切ります

 

熊笹

青い熊笹を使います 関所として料理と料理の仕切にしたり、下にひいて汁や汚れから守ります 

この季節は熊笹が固く色が悪いのでできれば良い時期に予め冷凍しておくのをおすすめします 

dsc03164

冬場の熊笹です

別記事で熊笹色出し 飾り切り 関所切り 冷凍保存までを解説基本的な熊笹のことが勉強できます

さて、熊笹の下処理を簡単に復讐しておきます

  1. 熊笹は熱湯にくぐらせます
  2. その後、冷水落とし
  3. スポンジで洗います
  4. 包丁で掃除します

これで使用準備は終わりです

熊笹は土に埋めてもなかなか腐りません 保存力、殺菌力に大変に優れています 是非、使ってください

 

国産 笹の葉(熊笹) 100枚


下記は造花ですがよくできています

【造花・飾り】グルメシート 熊笹抜き 100枚包装 /業務用/弁当 飾り/飲食消耗品・飾り/テイクアウト 容器/テイクアウト 紙容器/使い捨て/弁当 容器 業務用/l3


千両

万両と千両があります 見分け方は身の付く位置にあります 葉の下か上か…千両は上に実が付きます 料理では千両しか使いません また、千両には実の色が二種類あります 黄色と赤色です どちらの色を使用しても構いません 

使い方はお重の中に直接飾ります また、箸の横に添えてもよいかもしれません

では写真で見分けます 最初は料理で使う千両です 写真のように赤い実が付いているものを使用します 特徴は葉の上に実がつきます

dsc03310

葉の上の実 赤くてキラキラしています

dsc03305

葉に囲まれるように実がなっています

次は万両です

dsc03209

公園の万両です

葉の下に実がなります これは料理に適しません

葉蘭

葉蘭は寿司店などでよく使われる葉です 大ぶりなので大きな皿の代わりにもなります また、関所や鶴、亀などを切ることもできます

葉蘭(ハラン)とお弁当の深い仲 熊笹との違いで特集をしています

下の写真は冬場の葉蘭です 葉が少し硬くなります 上の特集の葉蘭と比べると色が濃く感じると思います 一年中使える葉ですが、冬場は多少、使い難くなります

dsc03180

葉蘭の写真 植物園のわきにありました

 

【1箱1000枚入】Nバラン 山型 エビ-N1 1000枚 BARAN-06【ラッピング/梱包/食品包材/お弁当/かざり/オードブル/ばらん/葉蘭/お寿司/葉っぱ】

バラン両山形1号 1000P OF-44

おせちには梅の花も使えます しかし実際には咲いている花を採集するのは困難です すこし、1月では時期が早いので・・・

これは、花屋さんや八百屋で購入することとなります 使い方は重の中に添える使い方です

梅の花の特集です

DSCF1539

満開の梅 2月に撮影しました

下記は12月の梅の写真です

dsc03322

盛り上がっているのがつぼみです

椿

つばきもよく使われます 一枚の葉を飾ります 花は落ちやすいので避けます 光沢のある葉がおせちを引き立てます

dsc03324

 

南天

是非、正月に使いたい葉です 困難の難を転ずる として、縁起がよいのが特徴です 赤いきれいな実が実りますがこれは避けます 実は落ちやすいので葉のみ使ってください 使い方は洗剤で洗って重箱の料理に添えます

dsc03171

きれいな赤い実

dsc03191

この時期は新芽はありません

 

グルメシート 南天 丸 約φ80mm 100枚

竹は器として使います イクラを盛ったり、黒豆を盛り付けしたりです 青竹を使います

いくらの作り方は別記事で特集しています いくらの作り方 醤油漬けと塩漬け、二種類の板前レシピ 簡単ポイント伝授

 

dsc03167

柚子

柚子は釜にします イクラやなますなどに使います

dsc03184 dsc03186

続いては業務用の飾りです

いろいろな種類の飾りがあります 市場やパケージなどを販売している店舗で購入できます 1ケ100円前後します 紙でできている物は水濡れには注意が必要です

dsc03340

梅と松

dsc03339

プラスチックの松竹梅

dsc03337

結びふみ

dsc03333

水引

dsc03334

ダイソーで集めてみました

銀カップのお正月バージョンです 100円です 便利ですね 使える商品がいっぱいあります ぜひ、活用したいですね

dsc03222

銀カップ 8枚入り

dsc03226

鶴と富士山

dsc03224

竹と柚子の器です

dsc03220

柚子 竹

dsc03219

イクラなどを盛れます

dsc03215

dsc03232 dsc03233

以上いかがでしたか、華やかな正月を是非演出してみてください

2018年の正月 ダイソーの新商品です

価格は言うまでもなく100円 レベルが高い100円です 100円でお節料理が華やかに変身します 今年もお世話になりました

お箸

お祝いの箸です 柄や種類も増えました

定番の寿箸です 水引がついて豪華です 3膳入りです

梅の柄の箸です 10膳入りです

折込式 6膳入りです成人式や還暦などのお祝いにも使えます

続いて料理カップ 今年は種類も増えました

12入り アルミ製の桜模様です

金色 8枚入りのカップです 豪華で料理が映えます

可愛い絵柄です 瓢に小槌、扇子、鯛 18枚も入っています ポリエステルで出来ています

アルミ製のカップです 10枚入りで鶴の模様です 濃い赤がいいですね

お節の飾り 2018年

松竹梅です 大きめなので少し使いにくいかも・・・料理が隠れるので

 

以上 2018年の正月、ダイソーで見つけたお節飾りでした 正月めでたい。ダイソー安くてめでたい!

 





栗きんとん基本レシピ くちなしの使い方 和風マロン白玉 

くちなしの実の基本 栗きんとんに使います 特徴と使い方

金柑 種抜き 甘露煮 金柑ソースとジャム 金柑の味噌餡包 おせちの定番

牡丹百合根  ユリ根 むきもの基本

栗の甘露煮 栗のワイン煮レシピ 甘露煮3つの重要ポイント

いくらの作り方 醤油漬け 塩漬けの二種類 板前が解説する自家製いくら

鴨肉下処理 鴨ロース煮 鴨南蛮(鴨汁せいろ) 鴨治部煮 基本の鴨料理を詳しく解説

生麩の基本 煮る方法を学ぶ かば焼き 田楽 手毬麩、おせち料理に最適

赤飯の作り方 炊飯器と蒸し器で作る うなぎと赤飯笹蒸  祝い 節句 正月に

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る