オギノパンの揚げパンを大自然で食べる あいかわ公園で揚げパン食べよう 宮ケ瀬ダム

丹沢あんぱんとあいかわ公園 宮ケ瀬ダム

圏央道が東名とつながって随分と便利にななりました 丹沢や相模湖が都心から身近になりました

1時間程度はしると大自然 山々に囲まれてマイナスイオンをたっぷり吸いにゆきませんか?

今日は丹沢にある「オギノパン」で揚げパンを買って、大自然で食する そんな時間を過ごしました

楽しいオギノパンにはおいしいパンがあります

そして、出迎えてくれる大自然は想像以上です

人がいない 静かで きれいな公園 「あいかわ公園」と「オギノパン」はほんの数分です

美味しいパンをおいしい公園でパックと食べましょう

オギノパンとあいかわ公園をご紹介します

オギノパンって

昭和45年創業

神奈川県相模原市緑区長竹2841に工場があります

今日訪れるのはこの工場です 工場に売店を併設しています

オギノパンは学校の給食のパンを作っていました

次第に小売りを始め、今平成12年には「丹沢アンパン」を販売開始しました

この「丹沢アンパン」は人気商品に育っています

オギノパンの行き方

圏央道相模原I.Cを折ります 県道510号左折→国道412号であいかわ公園方向に向かいます あいかわ公園の手前がオギノパンの工場直売所です

あいかわ公園と宮ケ瀬ダムは同じ場所です この道案内標識で進めばオギノパンの近くまで来れます あいかわ公園とオギノパンは車で2分の距離です

オギノパンどんな工場?

道路におおきな看板が見えたら工場到着

丹沢アンパンののぼりが旗めいています すぐにわかると思います

DSC00359

目の前は丹沢の山々

駐車場は100台程度OK 広くて停めやすい駐車場です

土日は混雑しています 出来れば平日がお勧めです 平日でもそれなりに人がいます なかなかの人気です

DSC00372

ここに車を停めます

きれいなトイレも完備されています トイレ休憩だけでも大丈夫

DSC00354

オギノパンの楽しみ方 看板があります

まず最初のお勧めはパン工場見学です

DSC00362

工場の入り口

実際に焼きあがったコッペパンがコンベアーで運ばれてゆきます

DSC00369

凄いパンの量

DSC00367

いい匂い

見学の通路があってガラス越しに見学できます 甘い匂いがたまりません

DSC00365

パンが作られてゆきます

工場見学のあとはお楽しみの売店です 街中のパン屋さんのようにトレーに乗せてパンが買えます

お惣菜パン、菓子パン、食パンと種類も豊富です 店内は人がいっぱい 皆さん買い物に夢中です

そして入口付近で目を引くのが「アンパン」

パンケースの中でたくさんのアンパンが積まれています

DSC00360

アンパン山積

種類も豊富です

胡麻 栗 玉露 紫芋 かぼちゃ 桜 柚子 白 コシ、つぶ

季節限定の味も登場します

一度は食べてみてください 名物なのが肯けます

私の感想は和菓子司 上野駅前 岡埜栄泉総本家の大福風 あさっりとしたアンパンかな

揚げパンはどこ?

揚げパンの売り場は二か所あります 曜日や時間帯でどちらかで販売しています

一か所は外の施設、小さなプレハブです そしてもう一か所は店内です

DSC00357

金賞です

どちらでも揚げたてで購入できます

懐かしい味、揚げパン それがアツアツで食べられる アツアツはここ何十年食べたことがない

ここでは大げさなほど美味しく食べられます

揚げパンはあっても、揚げたてはなかなか食べられません

ここでは目の前で揚げてくれます そして、目の前で手早く砂糖をまぶす グラニュー糖がキラキラと熱い油に絡まる なんとも、嬉しい!

時折、行列です すこし我慢して並んでください チケットを買えばすぐ自分の番が来ます

価格は揚げパン110円 揚げアンパン140円 カレーパン170円です

シンプルな「揚げパン」は勿論ですが私は「揚げアンパン」も買います

「揚げアンパン」もかなりおススメです

さて、工場の施設内でも食べられますし、車の中で食べてもいいのですが・・・

DSC00358

給食と同じ 学校の椅子で食べられます

揚げたてのパンをもって、2分間我慢!

大自然の中、「あいかわ公園」で食べるのがお勧めです

あいかわ公園 宮ケ瀬ダム

あいかわ公園 オギノパンからは駐車場をでて右 あいかわ公園の看板を右 その先、看板を左です

看板が出ていますので間違わずにすぐに到着できると思います

ここは自然がいっぱいです

DSC00411

アウトドアはきもちいい

平日は駐車場も無料 大きな駐車場があります

DSC00396

平日は無料

DSC00394

巨大な駐車場

開園時間は
4月~9月 8時30分~18時
10月~翌3月 8時30分~17時

春には色とりどりのツツジが一面に咲き誇る「花の斜面」がある

DSC00453

つつじの花

DSC00446

一面のタンポポ

DSC00406

バラ園もあります

まるで山 山がすべて公園 そしておススメが「風の丘」眺めの良い 広いスペース 空が本当に近い

DSC00414

雲が流れてゆきます

その他の施設は

フアフアドーム

DSC00399

ふあふあ!みんな元気に遊びます

冒険の森

冒険の広場

森の渡橋

風の子橋

DSC00413

風の子橋

花の森

DSC00412

自然観察林

そして宮ケ瀬ダム

インクラインに乗れる

DSC00398

インクライン ダムまではトロッコ電車あり

巨大なダムを一気に登る ワイヤーで引っ張って これが凄い 怖い! もしも、ワイヤーが切れても、ブレーキがかかるそうですが

さて、今日のランチはここ ご覧ください この大自然

DSC00415

広い草原

DSC00416

この山 深い緑

この広い草原が貸し切り状態です 緑の山を見ながら アツアツ揚げパン

風が抜けてゆく

「あげパン」

DSC00378

温かいです

イタダキマス!!

幸せ!!!!!!!!!!!

本当においしい お土産の分まで食べそうな勢いです

おにぎりも良いけど、ここに来たら「揚げぱん」

柔らかなパン しっとりした油 ざらざらの砂糖

DSC00379

お砂糖が おいしそう

DSC00392

全部で10本 買いました

都会から1時間

大自然があります

DSC00386

もちろんアンパンも買いました

DSC00434

花が咲き乱れます

 お腹がいっぱいのあとはここで遊びました 冒険の森です 今日は一日、大自然満喫です

DSC00419

このスロープの奥が冒険の森

DSC00418

看板が目印




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    アーカイブ

    2016年6月
    « 5月   7月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

    このサイトについて

    このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

    専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

    調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

    経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

    世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

     

    おすすめ記事

    1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
    2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
    3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
    4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
    ページ上部へ戻る