桜の花 桜の小枝 和食の飾り 上勝の葉っぱ

桜の花

春、満開の桜を料理に表現するために料理人たちは腕をふるいます

「花の塩漬け」「桜の葉の塩漬け」などが食用としては一般的です

和食に限らずに洋食、お菓子、デザートなどにも大人気です

DSC04029

かわいい花です

桜は日本を代表する花

今回の桜は食材ではなく、飾りに使う桜の花です

小枝についている状態で2分咲きの花が10ケほどついています 薄いピンク色の美しい商品です

DSC04027

使いやすい長さ

 

日本を代表する上勝のビジネス?!

有名な産地になりました 「葉っぱの町 上勝」です 「彩(いろどり)」という会社名で市場に流通させています

「葉っぱビジネス」とは女性や高齢者でも取り組める葉っぱのビジネスです 採集や栽培、出荷を町ぐるみで行い「葉っぱの町 上勝」として活性化させています 販売対象は日本料理店

取り扱う商品は季節ごとに異なり、320種類の季節の葉や花、山菜などを1986年から販売しています

年商はなんと2億6000万円 年収1000万のお年寄りも実際にいるそうです すごい!

パソコンを活用して「上勝情報ネットワーク」で全国の市場情報を分析してマーケティングを行っています

アイデアが町を救っています

今回の桜の小枝もそんな上勝の町からやってきました

DSC04023

彩ブランド

DSC04029

 

使用方法

前菜 刺身 焼き物の飾りに使います 下の写真はマグロの刺身に飾っています 食用ではないので、食品からは少し離して盛り付けしています

DSC04014

桜の枝を盛り付けた例

 

上勝の皆さん ありがとう! 料理も料理人もお客様も喜んでいます



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    アーカイブ

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    このサイトについて

    このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

    専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

    調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

    経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

    世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

     

    おすすめ記事

    1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
    2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
    3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
    4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
    ページ上部へ戻る