金魚草 食用花 和食のかざり

■金魚草

DSC04193

30年ほど前から市場に出回ります 

料理の飾りに使われます 

 

春先や初夏の演出に良いでしょう あまり多く使用すると、毳々しくなりますので然りげ無い使い方がオススメです また、少し注意が必要なのは、料理が古臭くなるのと、洋風になることなどがあげられます 

農薬などをおさえて、安心して食べられるようになっています 味は苦味などなく、問題ありません

パックに一花ずつきれいに並べられているものと、色々な色がランダムにパックに入っているものがあります 和食では写真の黄色を使うことが多いようです

DSC04195

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る