カシワ 柏の葉 5月5日は柏餅です 柏を使わない柏餅もあります!?

【カシワの基本情報】

4月初旬に新芽を出します 5月には手のひらを超えるサイズに成長します 葉を柏餅や掻敷に利用します 柏の葉の特徴はその形状にあります ギザギザのノコギリ状の葉がとてもユニークです 

【こどもの日はなぜ? かしわ餅 その理由】

ご存知の5月5日のこどもの日に柏餅は食べられます なぜ?柏餅を食べるかご存じですか?カシワの木の性質にあります カシワの葉は秋に枯れても、そのまま木に葉が付いたまま、風に吹かれようと雨に打たれようと残っています なんと春まで その姿を日本人は縁起がいいと感じました 子孫が残る 子孫繁栄として男の子の節句に使われるようになりました

DSC00379

【かしわ餅なのにかしわ餅じゃない】

地方地方でカシワの葉以外の葉をりようしてかしわ餅が作られます 

サルトリイバラ ほうのは みょうがの葉 などを代用します これはカシワの木が育ちにくいのが原因と考えられます 関西でよく見られるのはサルトリイバラで、この葉を利用する場合は「くるむ」というより「はさむ」状態で使用されます サルトリイバラはとても良い香りです 関西より西ではとても人気です 

DSC00382

ほうのは

DSC00399

関西ではこれ サルトリイバラ

【かしわ餅・・・】

かしわ餅は何の形かご存知ですか? 正解は兜です 子供を守る意味で兜の形にします

DSC_0917

 

■和食とかしわの葉

焼き物や前菜の敷き紙葉として利用できます 季節感の演出として最適です 色の青いものや塩漬けなどを利用するのも良いでしょう  

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る