小石川植物園 板前必見 10の植物

【小石川植物園基本情報】

小石川植物園は東京大学大学院の理学系研究科附属植物園です だれでも、料金を支払えば見学させてもらえます もともとは 約320年前の貞享元年(1684)に徳川幕府が設けた薬草園がこの植物園の遠い前身で、明治10年、東京大学が設立された直後に附属植物園となり一般にも公開されてきました。 面積は161,588m2 泉水地や台地などの地形を利用して様々な植物が配置されています 休館日、料金などは下記を御覧ください

1月4日~12月28日
休園日 月曜(月曜が祝日の場合はその翌日、月曜から連休の場合は最後の祝日の翌日が休園日)
開園時間 午前9時~午後4時30分(但し入園は午後4時まで)

  • 柴田記念館
    • 午前10時30分~午後4時 木曜閉館
所在地 〒112-0001 東京都文京区白山3丁目7番1号
電話 03-3814-0138
FAX 03-3814-0139
入園者の区分 入園料
(1人につき)
個人 大人(高校生以上) 400円
小人(中学生、小学生) 130円
団体 諸学校学生生徒児童の団体 ※1
(20名以上の団体で当該学校の教員が引率するもの)
大学生、短大生、
高校生
250円
中学生、小学生 100円
一般団体
(20名以上の団体で附属植物園園長が適当と認める責任者が引率するもの)
300円

 

交通は

  • 都営地下鉄三田線 白山駅下車 A1出口 徒歩約10分
  • 東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 出入口1 徒歩約15分
  • 都営バス(上60)大塚駅~上野公園線 白山2丁目下車 徒歩約3分
DSC00069

今回は白山駅から歩いてます

 

【板前なら是非見たい10の植物】

八百屋や市場で見かける植物も小石川植物園に来園すれば身近に勉強することができます 「え、こんな形?!」「こんな木なの?!」と多くの発見があります 食材に限らずに、掻敷なども間近に見ることができます 山歩きや公園でも見ることができますが、ここでは一気に多くの食材や掻敷を勉強できます 比べることも容易です また、四季を考えて来園すれば、成長の過程なども観察できます 食材を実際にみて見ることは、技術の向上はもとより、板前としての奥行きを深く広くするものだと思います 是非、ご来園ください カメラをご持参することをおすすめします

 

では、板前なら是非見たい10の植物の発表です

【木の芽 山椒】

山椒、木の芽は4月がお勧めです 花や実を見ることができます 特に花は黄色の小さな花を見ることができます

DSCF1892

【クコの木】

薬草として利用されてきましたが、天盛りなどでも多く利用されます 小さな葉が印象的です

DSC00238

DSC00239

【わらび】

わらびの根はわらび粉のなります 新芽は煮物やご飯などに利用されます

DSCF1872

 

【こんにゃく】

蒟蒻芋から作られます とてもグロテスクな姿をしています

DSC00222DSC00221

【タラの木 タラの芽】

タラの木は春の山菜を代表します 刺のある真っ直ぐな木が特徴です

DSC00211DSC00213DSC00215

【葉蘭と熊笹】

葉蘭と熊笹は掻敷の代表選手です 葉蘭も熊笹も、群生して見ることができます

DSC00101DSC00166

 

【ぜんまい】

綺麗な緑色そして群生が特徴的です

DSC00198DSC00199

【ボウフウ】

海辺の植物ですが、ここでは何種類かのぼうふうを見ることができます

【独活】

栽培されていない 天然の姿の独活を見ることができます

DSC00207DSC00208

【みょうが】

夏が旬です 6月ぐらいに花が咲きますDSC00224DSC00225

 

いかがでしょうか?板前ならば是非、小石川植物園に とても勉強になります 家族でお弁当を持ってゆくのも最高の

ロケーショです また後楽園やとげぬき地蔵も比較的近場です 本当におススメです

DSC00145DSC00108

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る