カレイ唐揚げを異なる2種類のやり方で揚げます お金の取れるカレイ唐揚げです 姿揚げが最高

カレイの唐揚げ

鶏のから揚げ オコゼの唐揚げ 河豚の唐揚げ

白身の魚や鶏肉はから揚げが人気です そんなから揚げの中でも特に人気なのが「カレイの唐揚げ」です

ポン酢や甘酢で揚げたてを食する 贅沢な美味しさです 今回はそんな「カレイのから揚げ」の作り方を和食のプロが解説をしてゆきます なお、基本的なカレイのさばき方(おろし方)は別記事で詳しく解説をしています このページの最後にリンクがあります そちらもご覧ください

空揚、唐揚げについて

字は「唐」や「から」「空」と色々な書き方があります そんな「からあげ」に関してすこし書いておきます 「からあげ」は簡単そうで種類の多い調理方法です

以前は素材になにも付けないで揚げることを「から揚げ」と言っていました 今はどちらかと言うと「から揚げ」のやり方は多岐にわたります 少し書き出してみます

  • 小麦粉を付けてあげる
  • 片栗を付けてあげる
  • 水と粉を混ぜ衣とする
  • 卵を使う
  • 下味をつける
  • 生姜を入れる

などと店や所によってさまざまな作り方があります 近頃では「唐揚げ粉」という既製品も多くみられ素材にまぶすだけで簡単にから揚げになるものもあるようです

食べ方も様々です

  • ポン酢
  • マヨネーズ
  • ごまだれ
  • 醤油
  • 甘酢

などルールがあっても無いような世界 美味しければなんでもいいという所でしょうか・・・

和食店とカレイ

カレイの唐揚げは和食店でも提供がされています

姿で出されるのは1品料理として割烹や居酒屋 切り身を使うの料亭やコース料理でしょうか 一匹で使う姿使いは量が多くなるのでコース料理では不適格です コース料理でカレイを使う場合は切り身として他の素材と合わせて「挟み」「鋳込み」などとす場合が多いようです 具体的には「カレイの菜の花巻き揚げ」とか「カレイの香り揚げ」などとなります

どちらにしてもカレイは和食店ではよく使われます 理由の一つに家庭ではあまり食べられない魚になったことが挙げられます 原因は

  • 漁獲量が減った
  • 輸入切り身カレイのカラスカレイやオヒョウなどが増えた

などで家庭で「まこカレイ」などが食べられることは大変に少なくなりました その分、料理店で食する方が増えたようです 特に家庭では油物は避けられる昨今それもあるのかもしれません

さばき方に関して注意

さばき方は別の記事で解説をしました(ページ最後にリンクあり) 多くは5枚おろしで、さばくことが出来れば問題はありません 料理店で時折見られる2枚おろしも出来ればマスターしたい技です 2枚おろしもやはり別記事で解説をしています

さて、さばき方で大切なことがあります

それは、多少うまくてもヘタでも良いのですが、骨は確実に身に残さないようにしてください

唐揚げは骨も食べます しかし、身と骨の揚げる時間が異なります 身は短時間、骨は長時間です カレイの骨は硬いのでそのように揚げるのですが、身に骨が付いていて知らないで食べると口に刺さり危険です 骨と身は確実に分けるように、さばいてください

では、二種類のやり方でおろしたカレイの唐揚げをそれぞれ解説をしてゆきます

カレイの唐揚げ 5枚おろしの場合

最初に頭を割ります 頭の中にはエラがありますが、これはさばいた時に取り除いたことととします もしも、残っている場合はここで取り除いてください

包丁を立てて頭を割ります 立てた包丁はまな板まで届いています 手前に傾けて切り開きます

火の通りを良くするのが目的です 開いた頭は掃除をします エラや血を取り除いてください

DSCF1294

口に包丁を立てます

DSCF1298

水洗いをしています

 

中骨を切りつけします 少し力を入れればすぐに切れます 大きさの基準は「一口サイズ」が大切です

DSCF1312

大小多少あっても構いません 大きすぎるのは避けます

 

身はそのまま(さばいた状態)で使います 身と骨に粉打ちをします

下味はつけません

使う粉は片栗

となります カレイの場合はポン酢で食べます その為、衣は薄く、味もつけません

粉のつけ方ですが粉打ち後、余分な粉はよく落としてください

 

DSCF1315

片栗を付けています

DSCF1317

余分な片栗は落とします

油に入れてゆきます
最初に揚げるのは頭と中骨です 骨を最初にじっくり揚げます 油は白絞油が良いでしょう

 

 

DSCF1339

頭と中骨は5分以上揚げます 頭と骨を入れて3分程度で身を入れます 身は2分程度で揚がります まとめると

頭と中骨は5分から6分

身は2分

となります

油を良く切り盛り付けをします

もみじおろし あさつき ポン酢を添えます 完成です

DSCF1345

完成です 身は前に盛っています 紅葉おろしと浅月、ポン酢で提供をします

 

 

カレイの唐揚げ 2枚下ろしの場合

二枚おろしは「プロ風」の仕上がりになります 5枚おろしの応用で作れます 飲食店でメニューで販売する場合は見た目もよくなります おすすめします 是非覚えてください 2枚にさばくやり方はページ最後にあります では、唐揚げに仕上げてゆきます

5枚と同様に骨に粉うちします 揚げます 時間は5分以上です タイマーをかけても良いでしょう しっかり揚げます

DSCF1317

粉打ちをします

 

次に身に粉打ちします ここで大切なのは袋状の中までしっかりと粉打ちをすることです 身の揚げ時間は3分です

DSCF1321

中まで粉打ち しっかりと

 

DSCF1327

多めの油で揚げてゆきます

揚げあがったら盛り付けをしてゆきます

もみじおろし あさつき ポン酢を添えます 前盛で獅子唐です

福徳食品 もみじおろし 大瓶 360g

価格:422円
(2015/6/4 14:05時点)

DSCF1330

完成です 姿が見えるので豪華になります

まとめ

カレイは白身の美味しい魚です 特に唐揚げはオススメの調理方法です 骨と身を異なる時間で仕上げて、お客様が満足できるカレイの唐揚げを目指してください

おススメです 私の調理場のミネラルウオーターです 料理の味が変わります プレミアムウォーターは、富士山の玄武岩層、地下約200メートルから汲み上げられた天然水です。 サーバー&配送料は無料でのご提供。 他社と比べても、スタイリッシュなデザインサーバーなので、 インテリアに気を使う方や、女性にも大人気です。 何も足さない自然の水を富士山からそのままお届けする 「プレミアムウォーター」です 女性にも人気のプレミアムウォーター



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る