竹の子の下処理 米ぬかでアク抜き 下茹では1時間 簡単ポイント

竹の子の下処理 ここがポイント

  1. 下茹時間は1時間が良い
  2. 糠は2本で40g タカの爪を忘れずに
  3. 竹の子は三度煮る 下茹で ぬか抜き 本炊き

竹の子と日本料理 

春先の桜が咲くころ九州で竹の子が取れ始めます 春から初夏にかけて竹の子は日本料理では欠かせない食材になります 下記に代表的な料理を挙げてみました

  • 竹の子ご飯
  • 若竹煮
  • 竹の子のはさみ揚げ
  • 竹の子の天ぷら
  • 竹の子の木の芽焼き
  • 竹の子の鳴門煮
  • 竹の子のきんぴら
  • 竹の子真丈

代表的な料理だけでも本当にたくさんあります  創作的な料理も合わせると無限の素材です

おめでたい たけのこ

おめでたい食材です

雨後の竹の子という言葉があるように、雨が降ると勢いよく成長します この成長の良さがおめでたさの由来です 水分が成長と大きな因果関係にあります 

台湾の人気観光地台北101タワーも、縁起を考えて、竹の子をデザイン化したビルだそうです 町が成長するように願いを込めて竹の子のデザインにしたそうです

竹の子の旬 種類 5月? 竹の子と筍?

3月から5月にかけて出回ります 5月のイメージが強いのですが、実際は3月お彼岸ころから九州地方の竹の子は出回ります 一般的に知られているのはモウソウ竹です しかし日本料理では他の竹の子も使用します 破竹 真竹 五三竹など 破竹はモウソウ竹の後に出回り、アクが少ないのが特徴です

日本料理では竹の子という漢字より筍の漢字を使う板前さんが多いような気がします

京都が有名、でも・・・

鹿児島、熊本などの生産量がとても多いのですが「京都ブランド」は強いです 最高級の竹の子は京都産ということになっています しかし実際は京都の生産量は九州と比べるとずっと少な目です 今回は熊本産の筍を用意してみました ちなみに生産量の半分は水煮や缶詰に加工されます

外国パワー 筍 メンマも忘れずに

外国のものもあります。韓国、中国がおもな輸入先です 生の筍はもちろん缶詰、水煮などもたくさん来ています 価格的には輸入ものは安めです できれば国産を使いたいものです… メンマも筍です 塩を抜いて味を含ませて・・・ラーメンがよりラーメンに変身します

筍料理 食感を楽しむ かつをとの相性バツグン

独特の触感は他に類を見ないすぐれものです また、かつを節との相性は抜群です 追いかつを(後からかつを節を更に入れること)して、より強くかつをの香りをたたせます かつをとの相性の秘密は竹の子のあっさりした味が原因です かつをの風味を旨みをプラスすることで竹の子がよりおいしくなります

では竹の子の下処理をしてゆきます

土を洗い落とします 竹の子は出荷時に洗ってあるのがほとんどです しかしかなり汚れています 必ず水洗いをしてください

DSC04411

水に入れて

DSC04408

ごしごしと洗います

DSC04413

こんなに水が汚れます

先端を斜めに落とします 落とし方の角度が大切です 最初の写真のように平行ではなく、かなり斜めに切り落とします

DSC04400

間違えた切り落とし方

DSC04401

正しい切り落とし方

先端にから根元にかけて隠し包丁を入れます これは後から、むきやすくするための包丁です 深く入れては、いけません

DSC04403

入れる場所はこのあたり

DSC04405

深さに注意

アク抜きに米糠(ぬか)を使います 近頃は筍と一緒に小袋で糠がついできますので、それを利用してください ない場合はスーパーなどで買い求めてください 鷹の爪も入れます 写真の量で一本の鷹の爪を入れています

DSC04415

スーパーなどで竹の子を購入時にもらえる米糠

ここでポイント 米ぬかのはどのくらい入れるのか?

竹の子2本で40g 水は2リットルが目安です

DSC04420

火は弱火で1時間ほど煮ます この時間がポイントです 沸騰してから1時間で下茹では終わりです この後、2回火にかけます この段階で火を入れすぎないようにします

DSC04419

湯の中の竹の子 糠をこの後いれます

DSC04423

沸騰してこのまま1時間

流水します 糠をよく洗い落としてください

DSC04451

水を流しています

DSC04452

冷めるまでこのままで

皮をむきます 先端の部分を穂先といいます 硬い、茶色い部分は食べられません その部分がなくなるまでむいてください

DSC04456

最初は外側を

DSC04457

茶色が残らないように

DSC04458

完成です

箸などを利用して竹の子の下の部分を掃除します 力を抜いて行います

DSCF1436

表面をこすります

さらに根本の下の部分は堅いので切り落とすか、丸くむきます 今回は飾り切りでむいています

DSCF1438

包丁でむきます

DSCF1441

左がむいたカスです

切り付けをしてゆきます 煮物やはさみ揚げ、竹の子ご飯など料理によって切り方が異なります

DSCF1443

煮物用の切り付け

DSCF1444

炊き込みご飯用の切り付け

この後、糠臭さをとるためにもう一度茹でます 時間は5分ほど煮ます そのあと水に落とします

DSC04468

鍋で煮ます

そして本炊きです 醤油、味醂で味をつけてゆきます 今回は醤油1 味醂1 ダシ10です 

DSC04469

本炊き

「追いかつを」をします リードにかつをを包み 煮汁に入れます

DSC04471

一握りが目安です

DSC04472

包みます

DSC04475

煮汁に落とします

若芽を入れます 若竹煮になります

DSC04478

仕上げに若芽を入れます

盛り付けをします 桜麩、木の芽を飾りました

DSC04480

湯気がおいしそうですね

これで竹の子の下処理は完成です 季節の味をお楽しみください

 

たけのこご飯はこちらの記事です 若竹煮ゴールデンカルテッドはこちら その他関連記事 淡竹の下処理 ハチクのひばり焼き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る