らっきょう漬レシピ ワイン漬 甘酢漬 梅漬 黒糖漬

らっきょう 3つの約束
 ①酢は米酢
 ②ワイン(酒)と酢は同割
 ③砂糖は甘めに
DSC_0018
 

江戸時代はオオニラと昔は呼ばれ煮物などに使われていました

今は漬物での使われ方が多いようです

痩せた土地でもよく育ち特に砂丘地での栽培が有名です
福神漬とらっきょはカレーに付き物ですね
和食では前菜やエシャロットの代用などに使われます
また、ワイン漬け 甘酢漬け 黒糖漬け 梅漬け 紫蘇らっきょなど夏場の野菜としてよく使われます
 
今回のらっきょは1㌔880円、鹿児島産でした 1ケあたりの単価は7.3円でした
■らっきょの掃除
根を取ります ギリギリでとるのが基本です 茎を切ります 基本は短目ですが前菜などで使う場合は少し長めでも構いません ただし茎は繊維がきついので注意が必要です
DSC_0009 DSC_0010
 
水洗いをします 玉ねぎのような薄皮があります 水の中で手で擦って取り除きます 汚れや痛みも皮をむいて対処します 根も残っていたら掃除しましょう
DSC_0015
 
ザルに切ります
 
湯を沸かします 上からかけるのではなく、熱湯にいちど落とします 10秒ほどが良いです
DSC_0021
ザルに切ります このまま冷まします
 

■らっきょうの甘酢漬け
基本の甘酢漬けです
漬け込む酢は穀物酢ではなく米酢を使いましょう 品質の上等なものが理想ですが流通品で構いません 必ず米酢を使ってくださしい 出来上がりに大きな差が出来ます また、既に配合されている「らっきょ酢」も販売されています 家庭の場合はそれを利用しても良いと思いますが、自分で作る甘酢はとても簡単です できるだけ自家製でチャレンジしましょう   もう一度、米酢を必ず使ってください
 楽天で購入

Amazonで購入

ミツカン 米酢(華撰)ペットボトル 1.8L

新品価格
¥630から
(2015/6/3 14:06時点)

 酢を合わせます 今回は氷砂糖を使います  

水180cc 米酢360cc 氷砂糖350gを混ぜます
 Amazonで購入

カップ印 氷砂糖クリスタル 1kg

新品価格
¥370から
(2015/6/3 14:11時点)

楽天で購入

[氷砂糖]20袋まで同梱可★氷砂糖ブランド 馬印! 1kg ~ホワイトリカーと合わせて梅酒作りなどに~【RCP】 ※

価格:355円
(2015/6/3 14:13時点)

 

らっきょうを漬け込み落し蓋をします 2週間が基本ですが3日目くらいでもなかなかいけます
DSC03678
 
らっきょワイン漬け
ワイン漬けは前菜や焼き物のあしらいでよく利用されます 
既成品でも購入できますが簡単ですので是非自家製で作りましょう ワインは赤ワインを使うことが多いようです白ワインで作るのも問題ありません 今回は赤ワインで作ります 赤ワインと米酢は同割です 
DSC_0030
DSC_0025
赤ワイン360ml 米酢360ml 氷砂糖350g はちみつ50g お好みでレモン 材料を合わせ、らっきょを漬け込みます 2週間漬けます 水を入れていないので日持ちします 赤ワインはクッキングワインがおすすめです 
 楽天で購入

合同酒精クックプラス 料理用赤ワイン 500mlx12本ケース販売【お取り寄せ:納期約1週間】

価格:4,308円
(2015/6/3 14:27時点)

Amazonで購入

クッキングワイン赤 (醸造調味料) 1.8L

新品価格
¥595から
(2015/6/3 14:30時点)

DSC_0033
DSC03672
 
らっきょの梅酢
上のワイン漬けのワインを日本酒にします そこに梅干しを入れます 紀州漬けとして献立には書きます また、基本のらっきょう漬けの割に梅干しを入れても構いません お好みで調整してみてください
DSC_0002 (2)
梅の酸味と香りがらっきょうを美味しくします 酒360ml 米酢360ml 氷砂糖350g はちみつ50g 梅干3ヶくらい 3日から2週間漬け込みます 下記はいつも使っている訳あり梅です 安いので重宝します

DSC03675
 
らっきょの黒糖漬け
料理長のTさんの献立です
砂糖を黒糖に変えます すこし変わっているのでお客様には好評だそうです 薄いブランのらっきょうが出来ました 
 
 
 
 

 

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る