横浜中華街 隠れ家カフェ 中国茶の悟空

■時間が止まる 居場所を忘れる

横浜の中華街にそのカフェはあります 大通りから逸れた裏道 何気ない道の二階にその店はあります

 

1Fは茶道具の店、二階が40席ほどのカフェになっています 板張りの床と吹き抜けの天井

大きめの重たい椅子に腰を下ろせばあなたの時間はたちまち止まり、まるで見知らぬ異国にいるような錯覚を見せてくれます

 

中華街という街、賑やかな観光地、中国茶、裏通り

あなたを解き放ってくれる呪文が揃っています

喧騒から抜けだして、お茶を楽しめます

DSC01406

■白芽奇蘭

関帝廟を抜けると、道は静かになります 呼び込みの店員や甘栗の匂いも少なくなります 中山路を更にゆくと左側に悟空はあります 古びた自転車と猫がお出迎え 悟空の金文字が目印です

DSC01372

 

カフェの雰囲気はどこにもありません でもここの二階が隠れ家カフェ

 

DSC01374

1Fはお茶屋さんになっています カフェで飲んだお茶や茶道具を買うことができます お茶を飲んだ後、おみやげ探しに打って付けです

DSC01378

 

店員さんに声をかけてください「カフェです」と・・・二階の階段を教えてくれます 木の階段を登ります そこがカフェ

DSC01506

 

窓側の席からは先ほどきた道を眺めることが出来ます ガラス歪みのあるレトロなガラス 今までの世界が夢の世界のように見えます

DSC01404

メニューを読んで注文するもよし、オススメを飲むのもよし、時間はたっぷりあります

DSC01392

 

甘味やデザートもあります

DSC01387

今回の注文は「白芽奇蘭」 前回も「白芽奇蘭」 おすすめのお茶です おすすめのポイントは「癒されます」

DSC01402

テーブルを見ると、この店の歴史が見れます 木のテーブルの焼きこげ たくさんの会話が聞こえるようです

DSC01400

 

店内では指人形や歌などのイベントが催されるます 今日の指人形は先ほど終わったばかりで余韻が少し残っていました これらのイベントを目的にゆくのも良いかもしれません 私も初めてここに来た時は知り合いの3世の女性の歌声を聞きにきました それがキッカケです

DSC01414

 

カウター越しに店員さんたちが支度をしています 一人で来ている女性客が 多いのも特徴です 思い思いに楽しんでいます 読書 携帯 おしゃべり・・・

DSC01417

「白芽奇蘭」きました きれいにセットしてくれます 

DSC01427 DSC01428

小さなお菓子も付いています

DSC01423

一煎目はお店の方に入れてもらいます 丁寧な説明をしてくれます

DSC01432

 

蒸らしです 急須の外側にかけます

DSC01435

 

右側の細長い器は、お茶の香りを楽しむためにあります では、いただくことにします

DSC01440

 

甘みのある 爽やかな味 んん唸らせます 癒されますね 本当に

DSC01443

 

お湯はポットでテーブルにあります お好きなだけ お好きな時間を

 

 

DSC01418

 

捨て牌(正式名はわかりません)の器です 金魚が涼しげに泳いでいます こちらもテーブルの上のあります

DSC01407

 

お茶うけも注文しました 奥に見えるのはマーラカオ(中国風カステラ)

DSC01446

ゆっくりと過ごしたらお会計は1Fです

DSC01380お見送りを、ありがたい神様にしてもらいました 素敵な時をありがとうございました

DSC01503

 

悟空茶荘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆ…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る