手綱抜き(たずな抜き) おせち 婚礼に最適 

■たずな抜き

大根と人参をくり抜く道具です ただ単にくり抜くのではなく、綱のように抜くことができます 人と人の縁、先祖との絆などを表します 

 

オメデタイ席での使用が多いです 婚礼や結納、正月などに使うと華やかになります 

 

コツさえ掴めば、容易く抜くことが出来ますが、ロス(捨てる部分)が多く出ます 工夫をしてほかの料理に利用しましょう 

ほとんどの商品がステンレス製です 飲食店の道具店で手に入ります 手綱の太さを調整できます 三種類の大きさが一セットになっている商品が多いです

DSC_0070

 

掃除の仕方は洗剤洗いで良いのですが、カスがたまりやすいので、ブラシなども利用して掃除しましょう 汚れたらハイターがお勧めです 

 

下の写真は30年ほど前に購入した、たずな抜きです

DSC_0069

 

先端部分に輪が2つ付いています この輪が人参や大根をくり抜いてゆきます

DSC_0071

実際に抜いてゆきます 大根と人参は予め切っておきます 5センチ前後かそれ以下がお勧めです あまり厚みがあると途中で割れてしまい、上手くゆきません

DSC_0075

大根 人参の皮をむきます 抜いた後のカスを他の料理に利用するために、予め皮をむいています

DSC_0076

DSC_0077

手綱抜きの先端を刺します 垂直に指すのがコツです 垂直に刺さないと途中で材料の外に飛び出してしまい失敗します 

 

刺す位置も注意が必要です 必ず外側近い部分に刺してください これは、取り外しが用意になるのと数をたくさんとる工夫です

DSC_0078

 

手綱抜きに付属のプレートを取り付けます 小さな竹とんぼのようですね

DSC_0079

 

 

プレートを右手でしっかり持ちます 左手は材料がブレないように持ちます

DSC_0080DSC_0081

プレートを回してゆきます 方向を間違えないように、素材の中にたずな抜きが入ってゆくのを確認しましょう

DSC_0082

素材を取り出します たずな抜きを反対に回したら取れそうですが・・・不可能です 素材の側面に包丁をいれて取り出します

DSC_0084

包丁を入れたところから取り出します

DSC_0085

抜き終わりました 写真は大根が抜けた状態です 同様に人参を抜きます

DSC_0088

DSC_0091

抜き終わった手綱は2つのパーツから出来ています パーツごとにわけます 手でネジを回すように、ねじってゆくと2つに分けることが出来ます 割れないように注意が必要です

DSC_0092DSC_0093

同様に人参も分けます そして、今度は人参と大根を再び手綱にしてゆきます 先ほどと逆の手順です ネジを巻くようにひねってください

DSC_0094

DSC_0095

両端を包丁で揃えます

DSC_0096

完成です

DSC_0097

 

煮物や吸い物や酢の物、刺し身の飾りなどに使用します 吸い物などで使用する場合はお湯で茹でて火を通します その後、つけ汁につければ良いと思います つけ汁は出汁10 みりん1 白醤油1が良いでしょう また、刺し身などの飾りでは生のままで使用します 

 

手綱という名前の料理を参考までに書いておきます 手綱こんにゃく 手綱巻(前菜などで使用します サユリや胡瓜などを交互に斜めに巻きます)などがあります 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る