和食のやっとこ鍋の凄さ アルミを止めてステンレスに切り替えしよう 安全、安心です

やつとこ鍋の凄さ

やっとこ鍋は和食の鍋です

和食料理店では多く使われています

特徴は取ってがありません

やっとこという道具でつかみます

EBM ステンレス ヤットコ鋏 太型


ただの円 丸い形 でっぱりは一切ありません

よく考えれば、取っ手がないのが不思議です

取っ手がないのは不便では

不便と思われる方も多いかと思います…すぐにつかめない 熱そう、危なそう そうですね

確かに家庭の鍋は取っ手が付いてて当たり前 便利です

取っ手がないのには理由があります

やっとこ鍋は収納に特化して作られています 知恵なんです 例えば複数の鍋もかさねれば10センチほどに収まります

たくさんの鍋を使う和食店では何しろ便利です

素材はアルミです 和食店ではこれを毎日磨きます ピカピカに維持をします

手が真っ黒になる作業で、若い職人の仕事となります 爪の間に鍋のアクが入ってしまい 染めたように黒くなります 夜のジャンプまでそのまま真っ黒です

鍋磨きの定番はボンスターです 詳しい磨き方は下記の鍋磨きの記事にありますが、このボンスターの使い方にコツがあります

別記事 鍋磨きのやり方 ボンスターの使い方

ボンスターNo.0 (細) スチールウール 【業務用】

簡単にボンスターの使い方の復習です

  • 手で切るときは、ゆっくり引っ張る
  • 使用量は多め
  • 早めに交換
  • 洗剤は多く

まあ、一言で言うと中々、鍋磨きは大変な作業です 時間もかかります ヘタをすると1日作業です

そこで、アルミ鍋を卒業しよう

アチラコチラで申しております

アルミからステンレスに変更してみませんか? 私のおすすめは、ステンレスのやっとこ鍋ですこれが使いやすい 利点は

  • 洗浄機OK
  • アクが出ない
  • 焦げにくい 焦げても楽
  • 漂白剤も使える
  • 磨きがラク
  • 酢に強い

ご存知のように食器洗浄機にアルミの製品は入れられません 洗剤の成分がアルミをとかします

ステンレスは遠慮なく入れられます ガンガン洗浄機に入れられます

ステンレスはお手入れもかんたん、ほとんどの汚れはスポンジで落ちてアクも出ません 汚れたら、漂白もできます

何しろ楽 そして、料理にもアルミのようにアクが出ないため美味しく仕上がります

体にもアルミは良くないと言われています アルツハイマーの原因と言われています

私はステンレスのやっとこ鍋を、大いに推薦します 一度、試してみてください

銅のやっとこ鍋も、果実などを煮るときに大変に重宝します

銅とステンレスを比べると、私は銅鍋のほうが良いと考えます

しかし、アルミとステンレスを比べると、ダントツにステンレスです

銅鍋ほどではありませんが、果実などの仕上がりもかなり違います

果実の酸に影響を受けないステンレスです

通常、土佐酢などもアルミの鍋で作って、そのまま粗熱を取ります

ホントは、とても危険なことだそうです 酢はアルミを溶かします アルミの成分が酢にとけだします 知らずに使ってますね

どこで買えるのか

業務用のとなります

通常は楽天やアマゾンで手に入ります

私は楽天の物を使っています

ロイヤルDONヤットコ鍋 XZD-160【やっとこ鍋】【矢床鍋】【アカオアルミ株式会社】【ステンレス】【業務用厨房機器厨房用品専門店】

KO 3層鋼クラッド ヤットコ鍋 18cm(1.5L)□やっとこ鍋 ヤットコ鍋 矢床鍋 IH対応 電磁調理器対応 ステンレス 業務用 【cts】

IHやっとこ鍋 電磁やっとこ鍋18cm ステンレスやっとこ鍋

ステンレスは錆びない丈夫な製品です 和食の包丁も近頃ステンレスが増えました 私はステンレスのやっとこ鍋を推薦します

多少高めですが一生使えます 後悔はしません ほんと、おススメです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る