柿の葉の佃煮 柿の葉天婦羅 山椒塩添え ポイント伝授 採集から料理まで完全解説

ポイント

  1. 新芽を使う
  2. 熱に強い「プロビタミンC」美肌に効果
  3. アクは少ない そのまま手軽に

柿の葉

柿の葉は料理にも使われる機会の多い食材です 柿の葉寿司、天婦羅、お茶など…身近にスーパーなどで売っていませんが、庭先にあるおいしい食材です

成分

緑茶の19倍のビタミンCを含んでいます なんとレモンよりも多い量です 美容にも良いとされて美白・肌荒れ・ニキビなど有効と健康に良い食品です 柿の葉茶などとして普段から飲まれている方も多いようです また「プロビタミンC」も含まれ熱に強いビタミンCです

ハーブ!?

意外ですが柿の葉はハーブです
ジャパニーズパーシモンとしてハーブの世界では有名な存在です 高血圧や動脈硬化などに有効とされています

柿の葉寿司

忘れてはいけない柿の葉寿司 柿の葉の最も有名な使い方です 柿の葉すし本舗たなかは特に老舗です 新鮮な魚を塩でしめて、乾燥を防ぐために柿の葉で包み、重石でかけて発酵させる 食の知恵 200年以上の歴史がある郷土料理です 海の幸、山里の幸が合体した見事な料理です サバ、サーモンなど種類も豊富です 奈良に行くと必ず食べる一品です

柿の葉すし本舗たなか

○〈柿の葉すし本舗たなか〉柿の葉すし(さば・さけ・鯛詰合せ)【RCP】_Y100908000006_0_0_0

価格:4,644円
(2016/5/5 13:03時点)
感想(19件)

柿の葉の佃煮

さて、柿の葉の佃煮は下記の葉の選別が大切です 若い新芽を使います 育ちすぎた葉は硬く不向きです 出たての新芽を用意してください 下の写真は新芽と育ってしまった柿の葉を両方撮影したものです 参考にしてください

DSC09297

左新芽 右育ちすぎ

DSC09300

 

 

新芽は何枚かの葉が密集しています 一枚ずつに分けてゆきます

DSC09607

密集した状態

DSC09608

切り分けた状態 この状態で料理してゆきます

水洗いをします 虫が付いている場合があります 注意して洗います

DSC09610

たっぷりの水で

DSC09612

良く洗います

葉を刻みます 刻まなくても佃煮にできますが、刻むことで食感が良くなります

DSC09617

このくらいの千切りで

たっぷりの水で茹でます

DSC09618

多めの水で沸騰させます

沸騰させしばらく煮ます 色が変色します

DSC09653

沸騰させます

水にさらします  軽く絞り本炊きです

DSC09630

DSC09649

軽く流水します 逃げないようにザルを使用します

醤油1 味醂1 砂糖 だし10で含めます 10分から15分で完成です 強火で仕上げますが焦がさないように注意してくだっさい

DSC09657

汁がなくなれば完成です

盛り付けをします 今回はガラスの器で初夏を演出しました 5月の先付や前菜にとても良い素材です

DSC09663

 

柿の葉の天婦羅

新芽がお勧めです

DSC09603

小分けにして水洗いをします

DSC09604

手でちぎれます

DSC09611

虫に注意

水分をふき取ります 粉をうちます

DSC09625

キッチンタオルを使用して水切りしています

DSC09632

粉を両面にうちます

180度の温度で揚げてゆきます

DSC09634

一枚づつ入れます

DSC09635

はじめは緑色ですが・・・

ぱっりとすれば完成です 色が緑色から茶色に変色します

DSC09638

山椒塩を作ります

山椒の芽「木の芽」を叩きます 塩に入れて混ぜます 生の木の芽でなくても乾燥の粉山椒でも作れます

DSC09655

細かく刃叩き

DSC09629

山椒塩の完成です

盛り付けをして「柿の葉の天婦羅 山椒塩添え」の完成です

DSC09643

季節感があり喜ばれる一品です

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    アーカイブ

    2016年5月
    « 4月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

    このサイトについて

    このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

    専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

    調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

    経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

    世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

     

    おすすめ記事

    1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
    2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
    3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
    4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
    ページ上部へ戻る