飲食専門求人サイトを比べる 調理スタッフ、店長 就職 年収500万への挑戦 料理長候補 

飲食業界就職、転職 求人サイト、転職サイトを考える

飲食業界では人不足が深刻です
不足をして調理師やスタッフ、店長などを募集してみても、なかなか見つけることができません

 

なにしろ応募者が少ない 応募が数人来れば良い方

下手をすると会社側が数十万円かけてもスタッフが見つからない 0人だったことも頻繁にあります

 

働く調理師やスタッフがいないのでしょうか?

いいえ、優秀な人材はたくさんいます 見つける方法が間違っているのです

募集をする側も、応募をする側も その方法がここ数年で大きく様変わりをしました

就職活動のやり方が大きく変わってきたいうことです

 

私の店は東京や関東近隣に数店舗の飲食店を展開しています

一時期、なかなか集まらなかった人材も、近ごろはある方法でたくさん集まるようになりました

面接も毎月、多くの方としています

そのやり方が、ネットを主体として募集です

 

今までは、募集しても人が集まらないと言いましたが、実はネットでの飲食業界求人サイトや転職サイトからの応募は大きく増えています

ネットで就職活動をしている方々 ネット応募がなんと多いことか・・・

驚きを隠せません 時代はネット社会なんですね

 

そして何よりも驚くのが、転職サイト、求人サイトからの人材が、豊富で優れていることです

私の会社では全ての募集を転職サイト、求人サイトからの募集に切り替えました

 

今回に記事は飲食店の就職事情をまとめてみます

実際によく利用する、転職サイト、求人サイトも比べてみます

仕事を探している人、企業側の方にも参考になり双方の利益になれば良いと思います

飲食業界の職種

飲食業界といっても職種は色々です

  • 店長・・・店のスタッフ管理 接客 レジ集計管理 募集管理

  • 調理師・・・実際に料理を調理する仕事 経験に対して給与が決まります 和食、洋食、寿司、中華と種別も豊富

  • 調理補助、見習い・・・アルバイトや経験の少ない人が多い 調理師の手助けをする 簡単な盛り付けなど

  • 洗い場・・・洗浄機が多くなっています 手洗いもまだまだ 単純労働として外国人にも人気があります

  • 店長候補・・・店長の未経験の方などが店長候補として就職をします 経験を積んで店長になります

  • 料理長・・・料理人を束ねる役割 献立も書いたり人材の募集や面接もします 総料理長など更に上の役職もあります

  • 料理長候補・・・調理を経験しているが料理長は未経験の人が候補として働きます 料理長の見習いというところ

  • ホールスタッフ・・・社員も多いのですが、パート、アルバイトの臨時職員も多い職種です 店のサービスマニュアル中心に接客をします

さらに、マネージャースパーマネージャーなど全店舗を回る仕事もあります

 

飲食店での調理師は技術を持った職業として認められています

ファミレスなどではどちらかと言えば、誰でもできる調理作業ですが、高級店や専門店、和食店、会席料理店、料亭、居酒屋、フランス料理店などでは、板前やコック、シェフなどが必要な人材となっています

 

料理人だけではありません 店長職も飲食業界では不可欠な存在です

店の要として「お客様」「調理師」「ホールスタッフ」「経営者」との架け橋的な存在です 売上に大きく影響する立場です 良い店長がいると、スタッフをまとめて、お客様に良い印象を与えます その分、売上もUpしてきます また、近頃では店舗のホームページの管理なども店長がすることも多いようです 本当に仕事内容は多岐に渡ります

 

料理人がいて、店長がいて 最も多い飲食業会の形かもしれません 今の飲食店では、どちらも欠かすことが出できない存在となっています もちろん、ホールスタッフや皿洗いなどのスタッフも大切な存在ですが、多くはアルバイト、臨時職員の形態が多いように思います

飲食業界への就職 転職 仲介システムを考える

飲食店が募集をする 飲食業界に就職する

それぞれ、立場は異なります しかし、どちらの側も活動が必要です

そのために、双方が仲介するシステムを利用します

 

私は仕事を見つけることはお見合いににているなと、常々感じます

縁があって出会います その縁を取り持つのが「仲人さん」の役割をするがこの仲介するシステムです

 

仲介システム・・・

色々な募集の形態、応募の形態があります

  1. ハローワーク

  2. 知り合い 友人に依頼する

  3. 調理師会

  4. 調理師学校

  5. 新聞

  6. 求人サイト 転職サイト

順番に、それぞれの良い点と悪い点をまとめてみます 

そのに求人サイトを紹介してゆきます

ハローワーク 職業安定所

最も有名な機関ですね お世話になった方も多いかと思います

ハローワークとは厚生労働省が運営をしている機関です 公共職業安定所、職安とも言われています

求職者と求人会社をそれぞれ募集をして、仕事を紹介しています

職業の紹介だけではなく、雇用保険 補助金 職業訓練なども行っています

良い点

国の機関なので安心です 安全です 100%の信頼を寄せて大丈夫です

実際に係の人と話をして相談できますが、専門的な話はできません

ハローワークは都道府県にたくさんの施設があります 身近で仕事探しができます

子育て専門 外国人専門 船舶関係専門のハローワークの窓口などもあります

9時から5時頃までが、場所によって延長で便利に利用できるようになっています 仕事探しが少しでも長くできるように便宜を図っています 誰でも無料で仕事を紹介してもらえます

仕事は豊富です たくさんの求人を見て仕事を探し、面接をハローワークをとおして依頼します

飲食の仕事も見つかります

悪い点

私の店舗や支店も利用してきましたが、なかなか応募がありません やはり、ネット関係の飲食業界募集サイトに押され気味です 以前はたくさんの応募がありましたが、今はかなり減少気味です 面接の希望者があるとハローワークから電話が来るのですが、近頃は1週間に一人来れば良い方です

 

ハローワークの手続きの煩雑も原因かと思います 企業側も働く側も多くの書類や手続が必要です

 

年齢の高い方が多いのも特徴的です

先日の募集では18歳から60歳までの募集をしたのですが、50才以上の方の応募ばかりでした 30歳までの方の応募は0人でした 年齢の高い方は技術がありますが、お給料面で折り合いがつかないケースが多い傾向です 平均して色々な年齢の方が集まればよいのですが、若い方は本当にみられません

知り合い、友人に依頼する

料理人同士や友人、知り合い、飲食関係に頼んで仕事を探す 今でも多く見られます

出入りの業者などに「良い職場はないかな?」などと頼むパターンも多いようです 業者は多くの店を回りますので、色々な飲食店の事情をよく知っています その関係で情報が豊富です

良い点

人柄を紹介者が保証できます 保証までゆかなくても、ある程度は変な人は紹介しないだろうと、会社側も思えます

給料面も面接の前にある程度、双方が提示できます 条件は大切なことですので、予め折り合いをつけることが可能です

働く側もその職場がどのような内容なのか、情報を仕入れることができます

悪い点

すぐに辞めてしますとトラブルになります

紹介者の顔が立たないというか・・・少し険悪になります

会社側も期待をした分、裏切られたような気分になります

間に「人が立つ」といのは難しですね

 

調理師会

調理師会はご存知ですか?

料理人が参加している民間の集まりです 私は和食の板前のことしかわかりませんが、東京でも関西でもたくさんの調理師会があります 洋食や中華専用の調理師会もあるようですが多分内容は似たり寄ったりだと思います

 

テレビに出るような料理人は多くが属しています 私も実は属していました(今は参加していません 会合やパーティーに出る時間がとれないので) 東京で働く際、関西で仕事をしている時は最初に大手の調理師会に挨拶をして、会員になり仕事を斡旋してもらいました 当時は速やかに多くの仕事を紹介してもらった記憶があります

 

調理師会と飲食店は密接に協力をして、双方が利益を得ています 飲食店で人が足りないときは電話一本で調理師会から板前が派遣されてきます 調理師会も紹介料で利益を得ることができます

和食の世界では調理師会を「かい」と呼んでいます

良い点

一流店や料亭での仕事が多いです 比較的早く仕事が見つかります

調理会に行くだけで、うまくゆけば、その場で仕事の紹介を受けられます

 

給与面も調理師会が交渉をしてくれます もちろん他の条件も・・・

希望の給料をあらかじめ言っておけばそれに合う店を探してくれます

 

 

色々な職人と出会えます 横のつながりが広がり、先輩や同僚を多く作れます 出会いという意味ではとてもメリットがあります

仕事もいろいろなやり方を学べるチャンスがあるでしょう

会報などで情報を得ることもできます 試食会、料理研究会などが多くあります

参考になる献立など先輩たちの技をチャンスが多くあります

 

 

悪い点

残念ながら多くの問題があります

調理師会を嫌う料理人も多くいます 原因はたくさんあります・・・

 

お金に汚い、というか業者からの賄賂などを請求する板前が多くトラブルになります

古くからの習慣で業者と料理人と癒着するケースが多々あります

料理店の経営者がわからないように袖の下をもらう行為です

料理人はそれまでに仕入れされた品物が悪いなどと難癖をつけて、自分の贔屓の業者に無理やり切り替えて注文をだします

その際に仕入れ金額の1割り程度をもらう仕組みです その分、料理店の請求金額が高くなります

料理店を食い物にする残念な行為です 毎月、給与と同じくらいの袖の袖の下をもらうケースもあります

私が勤めたホテルの料理長は、年末の仕入れ金額の1割を抜いていました その金額は数百万で、税務署の調査が入り発覚しました

当然、解雇されました その方も大手の調理師会の役員でした・・・

調理師会の料理人が全員やっているわけではありませ しかし、見つかって首になるケースは今でも珍しいことではありません

 

仕事は会の方から決められるために、希望と合わない店でもゆかなかればなりません 意外と希望が通りません

突然、山奥の旅館やホテルを紹介されることも多くあります

私の知り合いの料理人が、調理師会に都心部の会席料理店の希望を出したのですが、実際に紹介されたのは繁華街の居酒屋ばかりで嫌気が差したと嘆いていました コネや袖の下も多少は必要になっていきます

 

見知らぬ人とチームを組ませられてホテルなどの調理場で仕事をします 業界用語で「入り込み」といいます

人間関係が大変です 初めて会う人達と仕事をします 当然、人間関係は大変です

職人は癖のある方が多いので、争いやトラブルの多く見られます 等に上下関係や派閥が多く生まれ、何しろ疲れます

 

調理師会はパーティー、会合と集まりが多くなります また親睦や飲み会も多く見られます

勉強会という名前の催しも多く、当然ですが全て会費が徴収されます

人が集まらないと頻繁に誘いの電話がきます 調理師会の収入源でもあるので、無下にはできません お付き合いが必要になります

 

調理師会は毎月、会費が必要です

更に仕事を斡旋してもらって場合は会費の他に給料の5%とか10%を数ヶ月支払いをします

給料が減るのは痛いですね

 

実は今は調理師会でも仕事が見つからないのが現状です 以前は何かしらすぐに仕事は見つかりました

調理師会に行って相談をすれば、すぐに3つ、4つは面接ができたものです

しかし今は事情が変わりました 仕事が少なくなりました 原因は

飲食店が減っている

年齢が高齢化している

若手が少ない

などが原因です 職場に勤めている人が高齢化して、なかなか辞めなくなりました 安い給料でも我慢する時代です 以前のように包丁一本で渡り歩くことはなくなりました また、板前よりもアルバイトで作れる内容の料理で展開する店舗も多くなりました 既成品や冷凍物で誰でも作れる内容です 人件費が大幅に少なくなります 飲食店といっても料理人が作らない・・・ある意味、ファミレス化しているということですね

料理人を必要とする職場は確実に減っています

 

実際にハローワークで求人をすると調理師会の役員の方がたくさん面接に来ます 皆さん良い年齢です 仕事が会では見つからないそうです ひと昔前では考えられないことです 調理師会の役員がハローワーク

時代の変化を感じます

調理師会の方はお給料は高額を希望されます 店の店長や板長よりも多い金額もザラです

プライドですね 年収で1000万を希望と言われた方もいました

調理師会は時代遅れになった感じです・・・少し寂しさも

調理師学校

私の店でも多くの調理師学校から人材を入れています 会社側は求人票を学校に提出します 料理長の経歴や会社について詳しく記入をします 女性の応募も多くあります

生徒さんが減っているます 毎年の卒業生の数が以前は数百人でしたが、半分以下の状態です 更にそのなかで、和食、洋食、中華と別れて就職をするので、なかなか生徒さんが面接には来てくれません

知り合いの調理師学校で和食の希望者は今年は4人だけでした 寂しい限りです

良い点

若い人材が集まります 一度サラリーマンをやってリベンジすような人もたまに見かけます

キホンは10代の若者が多い傾向です

 

学校が給料など決めた求人票で仕事探しができます

学校が仕事場や会社と打ち合わせをします 双方の信頼が大切なので、おかしなことは起きません 安心して就職できます 仕事探しがトントン拍子で進むそんな感じです

 

仕事場の見学もできます

8月前に皆さん見学にきます

たまに、8月の夏休みを利用してにアルバイトで希望店舗で働く生徒さんもいます

職場の雰囲気を知ることができるメッリトがあります 敷居が大きく下がります その職場の人間関係も見れます

 

女性でも就職できる職場が豊富です 女性が料理人になるためには調理師会がオススメです 仕事探しがとても楽です 企業側も学校との付き合いの関係で男女問わずに採用枠を設けています

 

就職とは関係ありませんが、調理師の免許がとれます 調理師学校の大きなメリットです 試験を受けて所得する調理師資格が学校卒業でもらえます

悪い点

学費が必要です 結構、お高いです 仕事探しという意味では高い出費です

安心して働ける職場を紹介してもらうために、払う金額ですが・・・お高いですね

私は技術も免許もあとからでも十分についてくるので、学費が無駄かなと思います

はじめから、ネット求人などで仕事を始めてたほうが有利だと思います

 

数年間、通学して学ぶことが必要です

時間が無駄とまでは言いませんが、同じ年月なら就職すること、実際の飲食店で働くほうが良いと思います 同じ一年でも、包丁などの使い方は大きく差がでます

新聞

新聞募集も以前は当たり前でした

スポーツ新聞の下の方に掲載されていました

寿司店の募集が多い傾向です

今も募集はされていますが、若い方は携帯やPCで探す時代です

 

良い点

手軽に求人を探せます ハローワークなどと比べると、電話して面接、それで終わりです

もちろん、履歴書などは必要ですが、求人票などの記入は必要ありません

板さん的な人が集まります 見た目は怖い感じでも、筋を通すようなおじさんが多く来てくれます

 

悪い点

スポーツ新聞で応募してくる人材は、競馬などが大好きって感じで企業側がみます

お酒と博打 イメージという意味ではあまりよくありません

実際にはそんなことはないと思いますが 昔ながらの板前が多く幅広い人材確保にはつながりません

 

私の会社でも新聞募集はやっていません 実際に募集も少ないようです

 

求人サイト 転職サイト

インターネットで募集広告をみて転職の希望者が応募するsystemです

私の店舗でも利用をしています また、飲食業界専門の求人転職サイト、転職サイトが多く誕生しています

以前はハローワークでの応募でしたが、今はメインで求人サイトでの募集に切り替えをしています 詳しい求人サイト、転職サイトの情報は後半で紹介します

求人者にも企業にもメリットが多いと思います 近頃の仲介システムでは最も有効な方法となっています

良い点

家にいながら気楽に探せる たくさんの情報を自宅のPCやスマートフォンで落ち着いて探せます

この手軽さは他の募集方法にはありません

電車の中でも、カフェでも、公園でも、休憩時間でも、すぐに、いつでも、さっと探せます

ということは、企業の情報を詳しく見て調べることができます

本当に自分が必要な職場をじっくり探せます

 

転職希望者は無料で仕事探しができます 支払いは企業側がするのが一般的です

実は企業側も応募があるまで無料で掲載できる転職サイトや求人サイトもあります 双方にとってメリットがあります

また、就職後に祝い金がでる転職サイト、求人サイトもあります お財布にやさしいすぐれ物です

 

全国の仕事を探せます 日本全国で仕事が見つかります

これも、なかなかの優れている点です

料理はその地方で大きな違いがあります 関西と関東で味付けが異なるように全国津々浦々色々な料理が存在します

ネットは県境も国境もありません どこの仕事でも探せます

私の後輩は東京の出身ですが、若いうちに日本中を回りたい希望で飲食店の転職サイトで沖縄のホテルの和食に就職を決めました また、海外での仕事などもよく見かけます

下関で河豚を学ぶ 大都市の有名なホテルで働く 海外の寿司店で仕事をする 東京の一流店で料理を学ぶ

若い料理人には本当に良いシステムです

特に専門的な職業が探しやすい 迷うほどの仕事があります

 

専門の担当者がついてくれます

求人サイトや転職サイトによって違いはありますが、希望すればかなり親切に手厚くサービスが受けられます

面接までも立ち会ってくれる求人サイト、転職サイトがあるようです

 

悪い点

仕事(ここでは飲食店)が豊富で迷ってしまします

嬉しい悲鳴かも知れませんが、検索することで自分にあった条件が、一気に表示されて読みこなしにが大変です

ネット社会になれている方には、情報が多いことはメリットですが、なれていない方は戸惑うかも知れません

 

操作が不慣れな方には求人サイトや転職サイトは不便です

普段からスマートフォンやPCになれている方は良いのですが、慣れていないかたは探すのが大変困難です

私が募集に使っている 飲食専門 求人サイト 転職サイトです

では、具体的な求人サイトをみてゆきます 企業側から見て優秀と思える求人サイト、転職サイトを集めました 面倒見がよく前向きな求人サイトだと思います 私は年2回の求人募集を求人サイトでしています 多くは欠員がでた支店の人員補充です 私の店は7店舗の展開をしています 渋谷区などの都内です 利用している求人サイト、転職サイトは「飲食専門」です 飲食関係、外食関係専門をおすすめします 飲食専門を使うのはきめの細かさと仕事の案件が多い、応募者が多いからです

 

どちらにしても仕事探しは飲食専門の求人サイト、転職サイトが断然、良いと思います

では、紹介してゆきます 私の店が東京に7店舗ですのでどうしても東京に強い転職サイトとなっています 参考にしてみてください

H Agent

最初にH Agentです ここは有名な転職サイトですね

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

飲食関係の求人だけを扱う求人転職サイトです 大手で細やかな就職サポートをしてくれます

仕事は東京中心です 東京に強い転職サイトです かなり強力です

特徴として

  • 年収500万以上のハイレベル求人多数

  • すべて無料

  • 入社お祝い金(最大30万)/内定お祝い金(最大3万円)あり

  • ハイレベルな上級職、一般スタッフ  調理スタッフ 店長候補 料理長候補  SV  商品開発 など豊富な職種に対応

  • キャリアアップ、年収アップに特に強い

  • 求職者様との面談あり 詳しく話を聞いてくれます

  • 履歴書の添削、即日書類審査、給与交渉、あり

  • 提携企業がとても多いです 1100社以上 ただし東京中心です

  • 平均内定が7社

  • ミシュラン星を獲得した飲食店多数

  • 書類の選考でも9割以上が合格

  • 給料アップ保障!

  • 専属コンサルタントが無料で相談にのります

 

H Agentは何といっても、給料を上げるために力を貸してくれます

専属コンサルタントが給与アップをバックアップしてくれます 給料が上がることを保障してくれる 頼もしい会社です 年収で400万や500万以上の人材募集も本当に多数あります 企業側もH Agentに信頼を寄せている証拠でしょう 給料を上げたい方はここがおすすめです

飲食店の給与は一度就職するとなかなか上がりません そのため、最初がとても肝心です

自分を売り込み、キャリアを企業側に見てもらうことが大切です

H Agentのコンサルタントは頼もしい存在です どうすれば給与が上がるが力や知恵を貸してくれます

お金は後から付いてくる という言葉がありますが、飲食店ではありえません 最初が肝心です

私のように面接をする立場の人間が言うのですから、信じてください

企業側、店舗側は少しでも安い給料でつかいたいと思うものです 面接の段階では、その点に集中しています

それを、切り崩すのには技が必要です あなたのキャリアを売り込む技が・・・H Agentのコンサルタントはそれを心得ているように思います

まずは登録して面談をするのが良いでしょう そこが、給与アップの第一歩です

 

参考までに実際にここで就職を決めた方の声です

「転職するならココが良い」

 

「多くの会社の話を聞けた。どの求人も魅力的」

 

「コンサルタントの方がとても親身になってくれました ありがとうございました」

 

「登録してから内定をもらえるまでの速くて驚きました 助かりました おすすめです」

 

「環境の良い職場で働けた H Agentさん良いところを紹介していただきありがとうございました」

 

「的確なアドバイスとサポート すぐに転職先が決まりました」

 

「エイチエージェントさんは最後までしっかりサポートして下さいました」

高評価が多いです 詳しくはホームページで確認できます 実際に就職を決めた方の意見はとても参考になるでしょう
年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

少し繰り返しになりますが、H Agentで最も良いと思うところは待遇の交渉をしてくれるところです

今までのハローワークなどでは考えられないことです

以前の職場よりも良い待遇になるように「慎重に 堂々と」交渉してくれます ツボを押さえた交渉力は私たち企業側もタジタジです みなさんにとっては強い味方になるでしょう

経験豊かなカウンセラーが多く揃っています 聞くべきは聞く 言うべきは言う なかなかやり手です

皆さんの人生を「背負う」そんな感じです

 

それと履歴書と職務経歴書を大切にしてくれます 三割増しの出来上がりです

あなたが輝く人材であると上手にアピールする そんな文章を教えてくれます

企業としてこの人は売り上げを上げてくれるなと、思わせるそんな出来具合です

履歴書はともかく職務経歴書に絶対のルールなどはありません しかし面接に至る前にまずこの紙があなた自身になります

H Agentは履歴書に関する技を持っています

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】


フーズラボ

株式会社クオレガという会社が行っている無料転職サービスです 東京都港区新橋1丁目7-1 近鉄銀座中央通に本社があります こちらも、有名な大手です
外食産業 飲食店専門の求人サイトですので仕事が豊富です
フーズラボを外して飲食店の求人サイトは語れません 頼もしい存在です 毎年、数人は私の店にも就職をしてくれています

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

特徴をまとめてみます
  • 飲食店スタッフが選ぶ転職エージェント第一位に選ばれた実績

  • 満足度、支持率も一位

  • 飲食 レストラン ホテル と豊富な仕事

  • すべて無料で就職できます

  • キャリアアドバイザーが選任で付きます

  • 履歴書の書き方なども詳しく指導

  • 年間約1,000名以上の実績

  • 一都三県の外食企業に強い

  • 非公開求人、優良企業の求人多数

  • お給料交渉あり

  • 体験入店 視察制度あり

  • エントリの後、面談で詳しく自己アピール そして面接

  • 会員登録は20秒

 

特に一都三県ならフーズラボは最適です

東京はもちろん神奈川や横浜での仕事も豊富にあります 年間1000人以上の実績は驚くべき数字で、企業からの信頼も厚く安心して仕事探しができます

登録されている仕事や企業が多いのがフーズラボの大きなメリットです その分、業種や希望の給与、仕事を探すのが楽になります

 

細かくキャリアアドバイザーに相談でき、待遇面での交渉、履歴書の添削などもやってくれます 自分一人で悩むなら、無料会員になって相談するだけで大きく道が開くでしょう

給料や待遇の交渉も力強いサポートです 私の後輩もここで仕事を見つけて働いていますが、フーズラボを一押ししています 給料が大幅にアップしたそうです

 

また、ネット検索で苦労するのが「多すぎる仕事から選びきれない」ことです フーズラボならこの点も安心です

誇大広告でリアルな情報が知りたい

誰に相談したら良いか分からない

転職自体がそもそも初めて転職活動をどううまく進めていったら良いか 分からない

といった方にキャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれます

選考に通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方や添削、 また各企業に合わせて面接の対策内定が出た後のお給料交渉、入社までの調整も間に入って行うので、 忙しい方でも手間なくスムーズに転職活動を進められます

 

フーズラボでは非公開の募集も多いのが特徴です

一般には公開しないで適材な人材がいた場合に、非公開募集を紹介しています ある程度、フーズラボで求人の振るい分けをすることで、企業が望む人材を集めるシステムです このような募集は高額な条件が多いので、うまく噛み合えば人生を変える就職が可能です あなたのチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

簡単な会員登録でスタートできます 今すぐに転職でない方も、ひとまず探したい方、良い店があれば移りたいな そんな方も会員になっておいて損はありません 飲食関係の方には本当にお勧めです

飲食店・レストランの転職支援はフーズラボ・エージェント
年間1,000名の相談実績からあなたにマッチした求人をご紹介!

利用した方の声を集め見ました 

「転職するならココが良い お勧めです 親切です」

「無料相談にひかれて相談してみました キャリアアドバイザーの方と面談してみると、自分の可能性や今後のキャリアを見直す機会に」

「希望の求人をしっかり紹介してもらえました。また、面談も女性のキャリアアドバイザーの方を希望したので良かったです」

「いろいろ紹介してもらえました。応募、書類選考や面接調整も、助かりました!」

 

株式会社クオレガがフーズラボエージェントを経営をしています もちろん厚生労働大臣許可番号 13-ユ-308506の人材派遣業です

安心して任せる価値があります 無料の会員登録は下記です 今すぐに転職しない方も情報を仕入れる意味では有効です 休憩中に眺めているだけでも旬の飲食業界がわかります

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント


エフジョブ

東京 神奈川 千葉 埼玉の求人が得意な転職サイト会社です ここの魅了は飲食店の経験者がコンサルタントに多く在籍をしています そのために、飲食店の内状を理解をしてキメの細かいサポートをしてくれます 特徴をまとめてみます 職場に就職してからの定着の割合が多く、条件の良い仕事の案件をもっています 40代までの就職がメインです 50代は仕事が少ないです

キャリアアップを応援してくれます

年収が400万円以上が多数あります

履歴書・職務経歴書 コンサルタントがしっかりサポート

面接同席も可能な転職サイト

年収交渉 します

飲食業界に精通したコンサルタントがサポート!

非公開案件多数あり

土日休みのある案件保有

40代の求人案件も多数保有

 

エントリー無料です 覗いて見るだけでも良いかもしれません エフジョブでよく思うことですが仕事探しの悩みによく答えているな・・・例えば

スキルアップできる職場で見つけたい!

今のままではキャリアアップが望めない!

面接が上手くいかない…

印象の良い履歴書の書き方たい?

などとのお悩みに対応の仕方がすごいなと思います 求人サイト、転職サイトは自分にあったところが良いと思います ここを含めて検討してみてください

 

飲食求人サイト、転職サイトを利用すべき人は?

上に上げたような飲食求人サイト、転職サイトをどんな人が利用すべきでしょうか?

簡単に言えば

目標がある

給料を上げたい

このような飲食関係者は求人サイト、転職サイトがとても向いています

 

まず同じ飲食店でもカテゴリーを変えたい、そんなときには転職サイトは便利です

求人サイト、転職サイトでは同じ飲食店でも色々なカテゴリーで探すことができます 例えば、下記はとある求人サイトでのカテゴリー検索で実際に見れれるものです・・・

  • ホテル
  • フランス料理
  • 中国料理
  • 飲茶料理
  • イタリアン
  • パスタ専門店
  • 懐石料理
  • 河豚専門店
  • 蕎麦屋
  • 天婦羅専門店
  • 居酒屋
  • 料亭
  • ファミレス
  • エスニック料理
  • ロシア料理
  • インド料理
  • 串カツ屋
  • とんかつ屋
  • 寮や社員食堂の調理人
  • 船舶の調理人
  • 創作料理
  • バー
  • スペイン料理
  • 焼き鳥
  • 焼き肉

目移りするほどの内容です 転職希望者がやりたい仕事、学びたい料理が見つけられます 選択肢が多いことは大きな求人サイトのメリットといえるでしょう

 

「今現在は居酒屋で仕事をしています・・・今度の転職では河豚の専門店で新たな道を学びたいな!」

 

「僕は日本料理の板前です 旅行や語学勉強も兼ねて、ハワイのホテルに働きたいと思っています・・・」

 

「多国籍料理店を出したい 次はインド料理だ」

 

皆さんの希望の数だけ仕事が見つかれでしょう 何しろ求人サイトの募集は豊富です

海外の仕事も多く見つかります 西洋料理の方がフランスで就職なんてことも可能です

 

技術のステップUpを常に考えている方もおすすめです 多くの職場を閲覧して自分にマッチしたものを選ぶ それが、自宅やスマホで簡単にできる 良い時代です・・・

今までと違う技術を学べる店 そんな店を探すのにはもってこいです

 

さらに給与面での待遇でも求人サイトでの検索はとても有利です

給料を上げたい方は求人サイト・転職サイトが向いています その理由は「自己アピール」ができることです

「今年、結婚 給料がもう少しほしい! それと家族手当が出る職場で働きたい」

 

「年収は500万以上 目指すぞ 車 買うぞ」

 

「家賃を節約したいので、寮がある所がいいな・・・」

 

などの条件で探すことも可能です 希望の多い方に最適です

きっと見つかると思います 豊富で新しい情報が多い、それが求人サイトの魅了です

なにより、求人サイト、転職サイトでは自分をアピールできる 自分をアピールしたい方は是非、求人サイトを利用しましょう

それができるのが転職サイトや求人サイトの大きな魅力です アピールすること、自分を売り込むことであなたの夢が現実になります

今までは誰でも似通った履歴書を書いて終わり

しかし求人サイトでは、今までの経歴や具体的な得意技などをどんどん記載して会社にアピールすることが可能です

履歴書に囚われない 新たな自己アピールの世界です

自分をアピールしたりすることで、会社側からの逆指名も頻繁にありあます それによって当然ですが給料もアップします

 

実際に私が面接をした田代君の話

先日、私が面接した田代君も私の方からキャリアを見て、こちらよりアプローチをしました

田代君は28歳の料理人です

都内飲食店の店長経験と河豚免許、酒の知識が豊富であることをアピールされていました

面接をした時もハキハキとして笑顔が良い好青年でした 私は高く評価をして、希望の給料で採用しました

後から田代君から聞いたのですが面接が不得意で、本当はすごく上がり症だそうです

そこで、求人サイトの担当者と相談して、あらかじめしっかりした、キャリアを自己アピールとして書いたそうです

功を奏してハローワークからの採用では考えられない金額での採用となりました

田代君は実際に有能で、就職した店舗の売上も順調に伸ばしてくれています このように、自己アピールをすることで給与面で有利な職場に就職できる可能性が生まれます

飲食店 荒井店長実録 私は求人サイトを利用して年収1000万達成 実践年収アップのやり方 後に続け!

 

中には自己アピールなんて出来ない という人もいるでしょう

しかし、逆に考えてみてください こちら側だけではなく、相手の会社のアピールも実はじっくり見ることができます

求人サイトでは企業側もアピールをしっかりとしています

その点、だけでも大きなメリットです

相手の店や会社のホームページなども見ることができ、実際のメニューなども予め見ることができて安心ということです

相手の情報も自分の情報も共有できる 大きな求人サイト、転職サイトの魅了です
飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

飲食求人サイト、転職サイトが向いていない人 使わない方が良い人

ハローワークははじめから対面です

対面で相談したりすることができます これは安心感がちがいます

仕事探しは孤独な作業です その孤独な作業で味方になってくれるのがハローワークです

 

求人サイトでは対面で相談するというよりは、メールでの連絡です

対面で相談しながら決めたい方は求人サイトはおすすめできません

ハローワークが良いでしょう

 

しかし、今回、紹介する求人サイトでは専門の担当者を付けてくれるサービスがあります 料金は無料です

面接のノウハウや対策、待遇の相談ものってくれます

最初のアプローチはインターネットですが、不得意な方は、最初だけ友達や知人に手伝ってもらうのも手です その後は、担当の方が親切に指導をしてくれます

 

それと当たり前のことですが、PC、スマホ、タブレットなどが苦手な方は、転職サイトでの求人はオススメしません

仕事の探す、申し込み、求人票の記入 すべてがネットで行います

どうしても、PCやスマホなどの知識が必要です

折角、良い方向で就職が決まっても会社や店舗からのメール連絡がつかないようでは信頼されません

「この求人者は・・・」と不審に思われてしまいます

ある程度のネットに関する知識やパソコン、スマートフォンが使いこなせる必要はあります

ただし、先ほども言いましたが最初だけ知り合いや友人の手伝ってもらうのも手です その後は担当の方が指導してくれます

 

再就職手当、失業手当はハローワークでの手続きとなります

どうしても、一度はハローワークに出向く必要があります

もちろん、求人サイトで仕事を決めても、これらの手当は支給されます

しかしハローワークにネット求人で就職や求職を説明する必要があります その点で少し煩わしいいかもしれません

飲食求人サイト、転職サイトの応募の流れ 仕事の見つけ方

  1. 求人サイト、転職サイトに登録をします 無料です

  2. 求人サイト、転職サイトから連絡がきます

  3. 経験や希望を伝えます この段階で給料などもきっちりと伝えます

  4. 履歴書の添削 面接対策が無料で受けられます

  5. 仕事を紹介してもらいます いくつも選べます

  6. 面接をします 面接に同行してくれるサービスもあります

  7. 内定後、休暇 賃金 休みなどを交渉してくれます

  8. おめでとうございます 就職です

大まかな流れですが、ハローワークなどと比べると細やかな対応となります 希望の職種、店、ジャンル、給料、待遇などがグッと近くなります

日頃、面接をしていますが「さすが。ネット求人だな」と、うなずかせられる場面が多々あります こちらが欲しい情報をあらかじめきちんと用意して面接にやってきます 守り

と攻めがバランスよく配備されている感じです

まとめ

求人サイトで就職 当たり前の時代となりました 年間、多くの面接をしていますが求人サイトで応募することはメリットが多くあります 今までは一人で頑張っていた就職活動も求人サイトの係の方が親切にアドバイスをしてくれます

給与 待遇 休み 仕事内容 

あなたの夢を叶えるのには最適 それが 求人サイトです

飲食店の方は飲食店専門の求人サイトで良い仕事を探してみてください 登録は無料なんで・・・

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

関連記事です

飲食店 荒井店長実録 私は求人サイトを利用して年収1000万達成 実践年収アップのやり方 後に続け!

飲食業界の就職 職務経歴書は必要? 退職のやり方? 年収は希望できる? 週休二日? お悩みに答えて見ます

フーズラボとは? 飲食業界転職サイトの研究 転職サイト、求人サイトを調べて見ました 

板前の転職 求人サイトでの転職は大いにあり! 特に40才前後の板前は注目

関連記事

アーカイブ

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る