カテゴリー:実践日本料理

  • 日本料理 もう迷わない!和食のクリスマス献立 前菜レシピ

    待ちに待ったクリスマス 街中にイルミネーションがきらめきます クリスマスソングが流れて、クリスマスケーキがならび、ツリーも飾られ、本当に12月のクリスマスは盛り上がる一大イベントです クリスマスの料理はどち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いくらの作り方 醤油漬け 塩漬けの二種類 板前が解説する自家製いくら

    自家製いくら 簡単ポイント 最初に大切なポイントから いくらの薄皮を完全に取り除く お湯の温度は65度 いくら塩漬けの塩加減は2%から4% 薄皮は食べたときの食感を邪魔します 詳しくこの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 静岡おでん レシピ 簡単ポイント 和食の本格おでん

    ポイント 1 抜けないように串を刺す 下処理はしっかり 2 汁は牛すじベースのごちゃまぜ出汁 牛スジが決めて!! 3 10の水に1の醤油 味醂は好みで1 静岡県には豊かな自…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豆腐チーズケーキ 抹茶レアチーズケーキ 和食デザート

    チーズケーキと和食 チーズを和食で使うのはなかなか難しいものです どうしても洋食のイメージになってしまいます 今回は和食の食材「豆腐」と「抹茶」をチーズに合わせて美味しいデザートに仕上げて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 卵豆腐の基本 月見の献立 月見うさぎを作る 

    ■外せない ポイント  卵と出汁は同割・・・お玉に1杯ならおなじく1杯 それだけ! 蒸す温度で成功が決まる 家では少量で蒸す ■卵豆腐 たくさんの献立で使わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 栗きんとん 作り方とくちなしの基本 和風マロン白玉 

    栗きんとん 正月のおせち おせちと言えば「栗きんとん」です 裏ごしした芋と栗を合わせて甘く仕上げます お菓子のような贅沢な美味しさです 砂糖の味を濃い目にして保存食として日持ちします 今回は栗きんとん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 葛きりの作り方 本葛で手作り 黒蜜も作ります 蜂蜜黒蜜です 

    ■ 葛の葉 葛の葉という狐が登場する歌舞伎があります  芦屋道満大内鑑 悲しい女性(狐)の物語です 葛の葉を名にしたきつね 確か母親の悲しさを物語にしています 「恋しくば訪ねきてみよ和泉なる信田の森のうらみ葛の葉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サザエのさばき方 サザエの刺し身を作る 詳細写真で解説 

    さざえ 角がある独特の風貌さざえ あの角は水の排水溝として付いています 当たり前のようなさざえの角ですが、韓国のさざえなどには角の少ないものもあります 角の差で市場での価格も大きく変わります 味には差はありません 千葉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 五葉松 活造りは五葉松 正月、お節、冬の前菜 二種類の雪化粧のやり方

    五葉松 ごようまつ・五葉松は日本全国に見られる葉が短めな松です なんといっても盆栽で栽培することが多く、枝ぶりのしなやかさは私達の目を楽しませてくれます 日本料理ではとてもよく使われる敷葉となります 今回は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る