wasyokunowa一覧

  • 和食のひな祭り献立 白酒 粕汁 粕焼き三種類 甘酒 甘酒プリン 

    酒粕 お正月、神社で振舞われる甘酒 冷たい身体を芯から温めてくれます 3月のひな祭りのデザートや料理としても活躍します 今回は酒粕料理の基本を解説します [ad#ad1] 酒粕って何? 日本酒の醸造する際にも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 赤飯の作り方 炊飯器と蒸し器で作る うなぎと赤飯笹蒸  祝い 節句 正月に

    お赤飯 もち米に小豆やササゲを混ぜて蒸す これが赤飯です ご飯が豆の色で赤くなります そのために赤飯と呼ばれます 基本的にはオメデタイ料理としてお祝いの場に提供されます 今日は赤飯の作り方を学んでゆきます …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 生麩の基本 煮る方法を学ぶ かば焼き 田楽 手毬麩、おせち料理に最適

    生麩 「生麩」と辞典で引くと「麩」の項目を見るように言われてしまいます 料理人の世界では「麩」は乾燥したものを指し、「生麩」とは別物と差別化されています 今回、扱うのもあくまでも「生麩」です 和食の料理では欠かすこと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鴨ロース煮 鴨肉下処理 鴨南蛮(鴨汁せいろ) 鴨治部煮 基本の鴨料理を詳しく解説

    鴨 鴨と一言で言っても種類は100種類を超えます 世界に広く分布しています 日本には秋に渡来して沼や川などで群れをつくって冬を過ごします 狩りは11月ごろに解禁されます 尚、北海道では10月から解禁されます…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蓮根の基本 花蓮根の作り方 蛇籠蓮根 雪輪蓮根 矢羽蓮根 蓮根梅肉飯

    蓮根 寅さんの歌ご存知ですか? 「溝(どぶ)に落ちても根のある奴は、いつか蜂巣の花と咲く」 この歌詞の蜂巣は蓮根のことを言います 歌の意味はどんな人間でも根性(頑張)があればいつかは花が咲く、成功をすと言う…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • おせち料理の飾り 千両、熊笹、松、竹、葉蘭、ダイソーの正月用品も研究

    お節料理の飾り付け 今回はお正月の定番おせち料理を違った切り口で特集します 中に入っている料理ではなく、料理を盛り立てる脇役たちを考えます [ad#ad1] おせち料理には松や南天などが飾られます そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 胡麻豆腐基本 くずもち くずきり 絶対に覚えたい葛料理の特集 

    葛とは 山や野、崖などでよく目にするツル性の植物です マメ科に属します 根からは澱粉が得られます この澱粉を葛粉と言います 10月からの冬の季節に根を採集して打ち砕きこれを水に落として澱粉を取り出します のちに日陰乾燥…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金柑 種抜き 甘露煮 金柑ソースとジャム 金柑の味噌餡包 おせちの定番

    金柑 小さな実が無数に実ります  庭先などでもよく目にする果実です 4cmほどの実は最初は緑色ですが次第に見事な黄色に変色します 風邪をひいたときに喉の薬としてもともと重宝に利用されてきました [capti…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 下仁田ねぎ 鍬焼きの基本(鴨と下仁田) コンソメ炊き 新引き揚げ ネギま

    下仁田ねぎ 群馬の代表野菜 下仁田ねぎ 甘楽群下仁田町で栽培されるねぎです 特徴はなんといっても太さ 4センチはある太めのねぎです 11月前後、鍋の美味しい季節の出回ります 味が良いのが下仁田です 甘味とコクが強…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 松原庵 そばを食う 鎌倉の紅葉と文人の町 由比ガ浜の古民家蕎麦屋

    鎌倉は文人の町 沢山の作家たちが好んで住んだ古都です 海と山にぐるりと囲まれ、今でも城壁に囲まれたように独立した世界を作っています 由比ヶ浜から鎌倉の大仏に向う細い路地にその店はあります [a…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る