赤飯の作り方 炊飯器と蒸し器で作る うなぎと赤飯笹蒸  祝い 節句 正月に

お赤飯

もち米に小豆やササゲを混ぜて蒸す これが赤飯です ご飯が豆の色で赤くなります そのために赤飯と呼ばれます 基本的にはオメデタイ料理としてお祝いの場に提供されます

今日は赤飯の作り方を学んでゆきます

そもそも赤飯って?

古代は赤米でした その色に近づけるために赤く染めると言われているが定かではありません 赤い色は邪気を遠くに追いやってくれるそうです

地方によっていろいろな赤飯が異なります

  • 関西ではササゲは使わない 小豆のみを使う
  • 不祝儀は黒豆を使う
  • 何も入れない赤飯がある(白蒸し)

特にササゲは関東地方では売られているが関西では小豆(あずき)が多いのが特徴です ササゲと小豆は種類が違うのですが、見た目は同じです

ササゲと小豆比べてみたら?

固さが違います ササゲは硬い

dsc03629

ピカピカ光ってます

ササゲを使う理由はどうやらここにあるようです アズキは柔らかく割れてしまいます 腹が割れるので縁起が悪いということでササゲが使われてきたようです そして気になる味ですが「同じです」

正直、あなたの身近で手に入るものを使って作ってゆきましょう 今回、解説ではササゲを使っています

下記はササゲです

豆力 豆専門店の赤飯用ささげ 1kg

そしてこちらが小豆

生産者限定 十勝小豆 1Kg

お赤飯とおこわ

これも通説はいろいろ

  • もち米だけで作るのがおこわ
  • うるち米を混ぜたのが赤飯
  • 小豆を入れると赤飯
  • 標準語となまりの違い
  • 地方による違い

板前の仲間でも侃侃諤諤でもめます この話題。

料理人で、いままで一番多い意見が「おこわはもち米」「赤飯はうるちともち米ブレンド」でしょうか・・・

気になるところですが正解が見つかりません

実際にもち米100%で作ると翌日は岩のように固くなります まさしく「お強」 それに対してうるち米をブレンドすると翌日も柔らかく食べられます 味もそんなに大きくは違いません

新米入荷【本州・四国送料無料】28年産もち米玄米30kg【精米無料】【小分け不可】※北海道・九州は別途送料400円※沖縄は別途送料3,000円

ホクレン 北海道産 きたゆきもち米 1kg 平成28年産

お赤飯をつくる

今回学ぶのはいろいろな赤飯の基本を学びます

  • 炊飯器でつくる
  • 蒸し器でつくる
  • うるち米ブレンドしてつくる
  • もち米100%でつくる

・・・などどです ご自身が最も良いと思ったやり方を取得してください 料理人としては場面場面で使い分けが良いと思います

例えば蒸し器で仕上げるのは手がかかります 大量ですと火の通りも均一に入りません その反面、時間や手間を考えると炊飯器は便利で完璧です

また、もち米も100%ですと時間が経過すると食べられないほど硬くなります うるちを混ぜると硬くなりません すぐに提供しない場合はうるちを混ぜるのが効果てきです

dsc03672

もち米 うるち どっち?

味で言うと、どのやり方も比べない限り正直違いがありません ただし、もち米100%は歯ごたえが多少勝ります

 

では、最初は炊飯器で赤飯をつくてゆきます このレシピは関西の超有名ホテルの作りかたです

ささげ アズキの下処理

ささげかアズキを用意します どちらでも構いません 先ほども言いましたが、硬さが固めがササゲです

dsc03622

ササゲです

軽く水洗いをします 乾燥ものですが、虫などの混入もあります 必ず洗います ここでポイントを

  • 一度煮こぼす
  • 固めに仕上げる
  • 空気を入れる

煮こぼしはアク取りです 煮こぼすことで味がよくなります 硬めの理由はこの後、炊飯器で仕上げるからです 炊飯器で茹でる時間が15分を考えて茹でます 空気を入れるのは発色です

dsc03633

煮こぼした後、軽く水で洗います すぐに水をはり再び茹でます

ササゲ、あずきの分量は1升に一握り位です これは皆さんが調整してください 特に決まりはありません

沸騰後、ゆで時間は5分前後です

一粒食べて固めで火を止めます

直ぐにザルにあけます 重要な点は「煮汁は捨てない」

dsc03634

ザルに切ります

dsc03641

捨てないで、煮汁を使います

煮汁をボールに入れます 煮汁をお玉で高い位置から落とします(滝のように)このことで煮汁に空気が混ざり発色します もしも、色が足りない場合は色粉を使用することもできますが、家庭では自然の色がおススメです

ホームメイド 食用色素 赤 5.5g

【色粉】天然食用色素ピンク 2g

dsc03644

お玉で発色中

赤飯を炊飯器で作ります

基本的配合です

うるち米0.5 もち米0.5 ササゲの煮汁1

一晩、漬け込みます もし時間がないときは最低でも1時間は置きますが、まだらに色が付く場合があります

水(ササゲの煮汁)を1割増しなどにはしません 必ず同割です

また、すべてササゲの煮汁が理想ですが足りない場合は水を足します

dsc03647

寝かせています

翌日、炊飯器のスイッチを入れます ガスでも電気でもやり方は変わりません

炊きあがりましたら大切なポイントです

  • 直ぐにかき混ぜて冷ます
  • お焦げは入れない

蒸気を逃がします ザルやバットで風に当てます 天地も何度かこまめに返してください 慣れるとわかりますが下のほうは水分が逃げないとベタベタになり色が白くなります もしお焦げが出来てしまった場合は除いて使用しますが、まかない等に使ってください

胡麻に塩を入れてよくかき混ぜて振ります 完成です

【ランキング1位獲得】 黒ごま 300g 農薬完全不使用、自然栽培で育てられた四国香川県産野菜 フレッシュな生か、便利な焙煎か選べます! 安心安全、国産の自然栽培のゴマは大変貴重! 【DM便OK】【smtb-KD】国産無農薬

丸美屋 ごましお 業務用 250g

dsc03671

完成です

炊飯器で作るのは、上のやり方で失敗はほとんどありません 簡単です また、餅米100%でもなんら変わりません

蒸し器で作る本格「赤飯」

蒸し器で作る赤飯が古来の作り方ですが、水打ちを繰り返ししても固めに仕上がることがあります 蒸し器に対しての赤飯の量も多すぎると柔らかくなりません 一言でいうと炊飯器よりもコツが必要です

ササゲの処理

ササゲやアズキの処理は変わりません 炊飯器で作る赤飯を参考にしてください 流れをまとめると下記の手順となります

  1. 水洗い
  2. 茹でる
  3. 煮こぼし
  4. 本茹で
  5. ザル越し
  6. 煮汁の色だし

となります 硬めにゆでるのが大切です

 

さて、最初にもち米を上の煮汁に漬け込みますが、その前に、もち米を洗います 今回は100%もち米です

何度か水洗いをして透明な水になるまで洗います ザルにあけます

再びボールにもち米を入れて煮汁をたっぷりいれます この状態で1晩寝かせます

ここで色を見ます ほとんど加色は不要です しかし、赤を濃くしたい場合は色粉を使用してください

dsc03681

たっぷりの煮汁に漬けます

dsc03695

この様にもち米が表面に出ていない様に注意します

 

一晩の後、蒸し網や蒸し器に布巾等をひきます 布は水であらかじめ濡らして絞ります

dsc03711

蒸布や手ぬぐい、ガーゼなどを使います あらかじめ濡らいて絞ります

dsc03714

蒸板に広げます

もち米をザルに移しますが、煮汁は打ち水に使います 捨てないでください もしも煮汁を、すべてもち米が吸い取っている場合は打ち水は水を使います

dsc03704

ザルに上げたもち米です 色がついています これを蒸してゆきます

もち米を布巾の上に広げます 出来る限り薄く、中央はすこし窪ませて穴をあけます この穴は蒸気の通りを良くします

dsc03715

蒸し板に広げます

dsc03717

蒸気の通りを良くします

蒸し器に入れます 強火で蒸してゆきます

打ち水をしながら約40分で仕上がります 40分とは炊飯器でご飯が炊けるのとほぼ同じ時間です

柔らかめの場合は50分から1時間が目安です

ポイントをまとめます

  • 途中、10分ごとで天地を返す
  • 打ち水をする 量はたっぷり
  • 40分が目安
  • 強火で仕上げる

打ち水は手で水を振るのですが、私は霧吹きを使っています 手で振るとムラができますが、霧吹きは満遍なく水がかかります

dsc03707

ゆで汁を霧吹きにいれています 漏斗が便利です

dsc03709

霧吹きに入れました たっぷり吹きかけます

ここで注意です

蒸した後、硬くなります それを考えて仕上げます

dsc03722

実際に霧吹きで打ち水をしています

dsc03745

天地も返します

蒸しあがったら完成です

dsc03756

完成です

dsc03747

潰れた豆です 出来る限りつぶさないように

うなぎと赤飯の笹蒸

うなぎのお強は日本料理でよく使われます うなぎの味がお強にしみて美味しくなります コース料理や慶事の食事によく使われます 作りかたも簡単です

最初にうなぎを切り付けをします 一口サイズが目安です うなぎのさばき方などは、穴子のさばき方を参考にしてください

穴子さばき方 4つの簡単ポイント 煮付け つめ たれ 穴子寿司 穴子の鳴門巻

笹に赤飯を四角い形で置きます

dsc03775

この位置に置きます

dsc03774

全体写真です

上にうなぎをのせます

dsc03777

国産のうなぎかば焼きです

笹で巻きます 今回は筒状に巻いていますが、二枚の笹で包んだり、竹皮で巻いたりすることも可能です また、結びたい場合は竹皮やタコ糸で結びます 熊笹の下処理は別記事で

熊笹の色出し 飾り切り 関所切りのポイント 冷凍保存までを解説

葉蘭(ハラン)とお弁当の深い仲 熊笹との違い

笹はAmazonでも買えます 下記を参考にしてください

dsc03778

巻いてゆきます

dsc03779

巻き終わりました

蒸し器で蒸ます ポイントとして

軽く蒸す

蒸しすぎるとべた付きます うなぎを温める程度で仕上げています

出来上がりは山椒を添えます 完成です

dsc03801

ご飯にうなぎの脂が染みてうまい 盛り付け例です

 

 

以上、お赤飯の基本を解説しました 日本人の生活になくてはならない料理「赤飯」 出来上がっているのもを買うのも良いですが、手作りの赤飯は簡単です 愛情をこめてチャレンジしてください




下記はお正月料理の特集です

栗きんとん基本レシピ くちなしの使い方 和風マロン白玉 

くちなしの実の基本 栗きんとんに使います 特徴と使い方

金柑 種抜き 甘露煮 金柑ソースとジャム 金柑の味噌餡包 おせちの定番

牡丹百合根  ユリ根 むきもの基本

栗の甘露煮 栗のワイン煮レシピ 甘露煮3つの重要ポイント

いくらの作り方 醤油漬け 塩漬けの二種類 板前が解説する自家製いくら

鴨肉下処理 鴨ロース煮 鴨南蛮(鴨汁せいろ) 鴨治部煮 基本の鴨料理を詳しく解説

生麩の基本 煮る方法を学ぶ かば焼き 田楽 手毬麩、おせち料理に最適

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る