調理場年末 大掃除 掃除が楽になる裏ワザ 100円でOK 汚れ防止シートの使い方

調理場の掃除が楽になる 裏技です

調理場は常に衛生的にしていなければなりません

ゴミの処理、害虫駆除、用具の清掃なども、口で言うのは簡単ですが、やるべきことは山ほどあります

今回は大阪の料理店から教わった 掃除をしない裏技です なかなか、これが有効で、知り合いの店で試したところ、掃除が楽になったとの喜びの声 年末の大掃除などには是非、実施してみてください

個人店の方など掃除をするスタッフが少ない店舗ならなおさら良いと思います

必要な経費は?

100円から店によって数千円です 安いけど効果的です ここが良いところです

使える場所

使える場所は限られます お客様の見えるところは避けます しかし、見えてもそんなに問題はありません

裏技にかかる時間

1時間程度 昼の休憩や仕事が終わったあとにできます

作業は大変?

はい、二人がおすすめです

では、実際に説明します 概略から言うと、汚れる部分を予め覆うこととなります この技は、銀ホイルなどで実施することができますが、今回は専用のシール部材を使います とてもキレイに貼れます

専用シールとは?

色々と種類がありますが、おすすめは二種類です 他のものは、きれいに貼れません とくにシワは他の商品らの場合、折り目があってそこの部分がシワになります

どこで買えるのか

ダイソーです
一本100円、10ヶ所貼っても1000円です ホームセンターでも似た商品がありますが、価格的にかないません 品質もダイソーで十分です 実際に使って半年は持ちます

二種類の内訳

下記の種類を貼る場所によって使い分けます
水回りや入り口、ゆか
透明なタイプを貼ります

dsc01960

焼き場、揚場、煮方、洗浄機
ホイルタイプを貼ります

dsc01958

何がいいの?

安いことは言いましたが、掃除不要になります 剥せばおしまいです 汚れはゴミ箱です 剥がすまでの間に、もしも汚れたら掃除もできます それも簡単に

アルミタイプについて少し詳しく

アルミ加工されているために、多少の熱でも耐えられます 実際に使ってみて、直火以外は溶けません
特に油場には最適です 壁面や調理台、揚缶などに貼ります 焼き場は焼き台の回りに貼ってます 照り焼きなどのタレが焦げても安心です 煮方回りは壁麺と調味料の置き場所に貼っています 70度までが説明にある数字です 正直、油場で油がはねても問題なく使えました

透明タイプに関して

シンクの壁に貼ります 食器庫の底板に貼っても良いです 普段、ゴミ箱を置いているところの壁面も有効です ものを捨てるときは、水分とかが結構飛び跳ねます そんな時、防護してくれます

透明でもアルミでも、換気扇回りは特におすすめです 剥がすときは快感です 一発できれいになります ぜひ貼ってもらいたい場所です

詳しい商品

商品名
キッチン汚れ防止壁シート
アルミと透明です
大きさ
45×120×1枚入 かなりの大判です
使用期間
3から6ヶ月
耐熱温度
70度

下記はネットで売っている商品です 色物もあります

【5454】キッチン汚れ防止シート(クローバー模様)


では、実際の貼り方です

なれるまでは、二人で作業すると楽です もし、一人でも大丈夫です その場合は貼りやすい大きさにカットすればかんたんに貼れます また、小さくカットするとその場所だけ交換できるので、便利です

巻いているのでシワになりにくい構造です

清掃を済せます よく乾いた状態で貼ります
裏のシートを半分剥がします
のり面を貼りたいところに合わせます もう一人ピント貼った状態を維持する係となります
貼りたい場所に合わせたら、少しづつ手で擦りながら貼ってゆきます 最後まで貼れれば完成です

水で濡らす貼り方もあります 水張りもきれいに貼れます 貼る面にを霧吹きでぬらして、乾いた布などで空気をだしながら貼ってゆきます

もしも、途中でシワが寄ったら、剥がして貼り直しができます とくに、二人で貼る場合は難なく貼り直せます

dsc01965

冷蔵庫の扉の手あか防止

dsc01966

揚げ場のシンク アルミタイプを貼りました

dsc01969

壁に貼っています 透明タイプです

その後の清掃

良い点の一つに清掃が楽という点があります 薄めた洗剤やマジックリンで軽くこすればピカピカです 汚れが簡単に落ちます 楽々です もちろん、剥がして捨てても構いません

汚れがひどくなつたら捨てます そのあと張り替えます 簡単手間いらずです 半年近くまで問題なく使えます 半年以上でも使えますが、場所によって剥がれにくくなってしまいます

大掃除におすすめ

年末年始の大掃除は大変です特に調理場は年末年始の宴会をこなしながら掃除をしなければなりません おせち料理などをしている店などは、てんてこ舞いの中の大掃除です 大掃除のあとに貼るのも良いですが、10月頃から少しづつ、貼ってゆくのも良いと思います 年末は軽く拭けばOKです
何かと忙しい年末年始こそ、上手な段取りで乗り切りましょう

皆さんの掃除の手間をなくす裏技でした

1000円ほどで掃除が楽になります 余った時間を料理に注げます

サイズも大判1m20㎝です 汚れる前の先手必勝です

そう言えば、友人は車のトランクの汚れ防止に使っています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る