淡竹料理 下処理簡単レシピ 淡竹の赤紫蘇酢漬け

■淡竹 淡竹の赤紫蘇酢漬け 

5月にはまだ早い淡竹、6月になると出回ります

真っ直ぐなその姿はいかにも、固そうに見えますが実際は驚くほど柔らかな食感 そして、信じられないくらいの香りと甘み 竹の子の王様が孟宗竹なろクイーンの座は間違えなくこの淡竹でしょう 表面はツルツルで産毛があません 色も赤系の色合いをしています

クセがない アクがないのも大きな特徴です 下処理は皮むき 下茹で 流水 となります とても簡単で手間のかからない扱いやすい竹の子です

最初に皮むきです 頭を落として 縦半分きります 虫がいる場合があります 少し注意

DSC_0469 DSC_0470

 

皮をむきます 手で簡単にむけます 穂先の方は固いところを残さないように

DSC_0474 DSC_0475

茹でます 1時間じっくりと

DSC03807

流水です 1時間くらい 水を止めて漬け込みだけでも大丈夫です 味がさっぱりとなります 多少あるアクがぬけます

DSC03840

赤紫蘇の下準備をします 赤紫蘇はアクが強いので注意が必要です 塩を入れますが塩は少量で、塩を多くすると塩の味がこのあとの淡竹の完成に影響がでます

季節のよって赤紫蘇が手にはいらない場合は紫蘇酢が便利です または、しそドレッシングなどをスーパーで買い求めるのもよいでしょう

楽天

【送料無料】アピス しそ酢プラス 500ml

価格:1,980円
(2015/6/5 12:55時点)
感想(1件)

Amazon

紫蘇黒酢 500ml

新品価格
¥875から
(2015/6/5 13:03時点)

赤紫蘇を水洗いします 赤紫蘇は萎れていても問題ありません 葉をちぎります 茎は使えません 虫などに注意してください

DSC03818 DSC03819

ボールに入れて少量の塩をふります 塩は大量に入れなくても効果は同じです アク出汁が目的です

DSC03820 DSC03822 DSC03821もみだししてゆきます 最初の汁は捨てます 色が黒い濃い汁は使いません

DSC03830

 

二度ほど汁を捨てて、綺麗な紫色になれば終了です
DSC03832酢を合わせます 出し3 酢1 味醂1 薄口1 砂糖 酢はできれば米酢 味醂は本みりん 薄口はヒガシマルです 米酢は味に奥行きが出ます 値段が高めなので敬遠する方もいますが間違えなく美味しくなります 本みりんはマンジョウが良いと思います 安い本みりんは輸入材料100%で出来ています 味も安いものはさっぱりしていて料理には不向きです

 

ミツカン 純米酢 金封 国産米100%使用 900ml【楽天24】[ミツカン 米酢]

価格:598円
(2015/6/5 13:11時点)
感想(0件)

キッコーマン マンジョウ(万上)本みりん 1.8L ペットボトル

価格:1,134円
(2015/6/5 13:12時点)
感想(0件)

ヒガシマルうすくちしょうゆ(1L)

価格:286円
(2015/6/5 13:12時点)
感想(3件)


材料を合わせて火にかけます 沸騰後止めます

DSC03814

 

淡竹を刻みます 輪切りでも構いません 今回は長細く切っています

DSC03841 DSC03842

冷めたら先ほどの赤紫蘇を入れます 絞り汁だけを入れる もしくは、写真のように葉のまま入れるかの、どちらでも構いません

竹の子と合わせます

DSC03844 DSC03845

 

一晩寝かせれば完成です あさりして、会席や前菜、焼き物の前盛りなどに使えます 竹の子は煮物のイメージが強いのですが、酢漬け、特に赤シソ漬けがお勧めです よい反響を頂けます

DSC03848

 

関連記事

竹の子のゆで方アク抜き下処理

淡竹簡単レシピ 3つのポイントひばりやき

若竹煮 筍料理の基本はこれ

筍のご飯 木の芽を添えて 炊き込みご飯の基本

真竹レシピ 淡竹と真竹の違い アク抜き  真竹とフキの佃煮

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. はじめに ノロウイルス対策していますか? 一度でも食中毒を出してしまうと信用がガタ落ちです …
  2. はじめに 和食のデザートとして手作りのみかんシャーベットはいかがでしょうか? 私がよく作って…
  3. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  4. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
ページ上部へ戻る