かつをだし 昆布だし これが本物 第1回   

 

■あなたのは「かつをの出汁」ではなく「かつを水!?」

 

こんな板前の会話をよく聞きます

「出汁の取り方は、水の中に、昆布を入れて、沸騰する前に昆布をだす そして、かつを入れて漉す」これは大嘘です 残念ですがこれでは出汁は取れません 

 

下記はとある調理師学校の出汁のとり方です 

 水1.1リトル 出し昆布15センチ四方 かつを30g

  • 1 昆布を乾いた布で拭いて砂を落とす
  • 2 昆布に切れ目を入れる
  • 3 鍋に水と昆布を入れて火にかける
  • 4 煮立つ寸前に昆布を取り出す
  • 5 かつを入れる 一度煮立たせる
  • 6 火からすぐに下ろす アクをすくう
  • 7 かつをが沈んだら漉す

 続いて有名な大手出版社の基本出汁の引き方

 水1.8リットル 昆布 かつを各40g

  • 1 昆布の表面の汚れを固く絞った布巾でふく
  • 2 水と昆布を火にかける 沸騰する寸前に昆布を取り出し アクをすくう
  • 3 かつをは一気に入れて、湯に沈むのを待つ
  • 4 一呼吸待ってネルで漉す

 

上の2つのやり方で出汁をとってみるとわかります 決しておいしい出汁はとれません 不思議ですね しかし現実です

 

実際に職人の間でもよく聞きます「かつをは、すぐ漉す でないと、濁る」「昆布はツメが通れば、お湯から出すタイミング」などと

 

このような、常識的に語られるだし汁の取り方では「かつを出汁」は取れません 出来るのは「かつを水」です かつをの匂いのある濁った水のようなもの・・・そんな出汁しか引けません

 

「いままでそうやって教わったけど・・・」「エ、どこが違うの?」と知らない方は驚かれます しかし、間違えなく「かつを水」をとっている方が多いのが現状です

 

日本料理店の、「かつを出汁」は7割不合格 3割合格  

 

7割が「かつを水」をとっていることとなります 

■出汁の種類は?

 

ここで一度、出汁についてまとめておきます

今このサイトで説明をしている出汁は「かつを出汁」です

 

「かつを出汁」の他にも、出汁には種類があります 参考までにあげてみましょう

  椎茸だし

  かんぴょうだし

  昆布だし

  差し昆布だし

  煮物だし

  煮込みだし

  煮干し

  サバだし

  ソウダだし

  まぐろだし

 

おおまかに分けると、精進だし(野菜、昆布などの植物性の出汁)と動物性の出汁に分かれます 

 

 

■かつを出汁とは

かつをと昆布を使用して出汁をとります 和食では最も大切な出汁と言っても過言ではないでしょう 吸い物や煮物、また、天つゆ、つけ汁などに使用されます 

 

「かつを出汁」は和食の出汁の基本です また、和食すべての料理の基本かもしれません 

■かつを出汁には一番だしと二番出汁があります 

 

 一番出汁は「かつを」と「昆布」の出汁

 二番だしは一番出汁で使用した「かつを」を煮出てとります 

 新しいかつをも少量ですが足します

 

一番出汁は吸い物

二番だしは煮物

などに使用します

 

一番出汁は品のある香りと甘さ

 

二番出汁はパンチの有る味 渋み 濁り

 

一番出汁のほうが高度な熟練技が必要になります

 

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る