菖蒲の葉を和食で使う方法 菖蒲酒や箸置きを作ってみます 5月の節句の和食の演出

菖蒲 あやめの葉

菖蒲の葉を和食で使う方法を解説してゆきます 菖蒲の葉は季節感を出すのに最適な葉となります 5月や端午の節句にからめて演出を極めてみてください

5月5日 子供の日

5月5日こどもの日は端午の節句です 端午の節句とはご存知の通り・・・

  • 鯉のぼりを飾る
  • 兜を飾る
  • ちまきを食べる
  • 菖蒲の葉の風呂に入る
  • 柏餅を食べる

など日本人としてはよく知られている端午の節句です それぞれの、風習には意味があります

鯉は「元気に鯉のように育てほしい」

ちまきは「中国の影響」

柏餅は「柏の葉が枯れても落ちない生命力をかついで」

しょうぶ(菖蒲)の葉は「剣の形の葉が邪気をはらう」

などと正月のお節料理などと同じように意味をもって行事がなされています

そういえば、男の子がいるいないにかかわらず、この季節になるとスーパーでも柏餅が大量に売られ売り場を占領しています 皆さん、美味しい節句を楽しんでいますね

 

菖蒲の葉

先程も書きましたが「剣の形の葉が邪気をはらう」と意味で端午の節句に使われます

また、「しょうぶ」 「勝負」と 同じ言い回しなのも縁起がよいとされる由縁です

家庭では菖蒲湯 家のお風呂に菖蒲の葉を浮かせます 菖蒲湯に入ると子供が健康に育つといわれます 湯船に菖蒲の香りが移り大人も子供も大喜びです  サトイモ科の植物で薬草、漢方薬としても使われます

 

日本料理と菖蒲の葉

日本料理で端午の節句に関する料理はたくさんあります 例を上げると

兜煮

ちまき

鯉こく

鯉あらい

柏包

など色々な端午の節句の演出や料理があります

そんな中で菖蒲の葉の使い方を今回は解説をしてゆきます 最初に紹介するのは菖蒲酒です

菖蒲酒をつくる

菖蒲の葉は先程も言いましたが漢方薬にも使われています 軽くお酒に葉を浸して菖蒲の匂いを楽しみます

菖蒲は水洗いします 香りが強いのは根に近い部分です

 

根の先は黒く変色しています この部分は切り落とします

根の先は黒く変色しています この部分は切り落としますDSC_0931

根の先は黒く変色しています この部分は切り落とします

DSC_0937

薄くスライスをします すこし斜めに切って香りが酒に移りやすくします

DSC_0939

スライスが終わりました

DSC_0940

ボールに移します このくらいの量の菖蒲で1リットルの酒を注ぎます 濃い目に作って酒で薄めることも可能です

DSC_0943

このまま1時間から一晩寝かせます 好みで時間を調整してください 清々しい香りが移れば完成です

DSC_0945

 

 

裏ごしをしてグラスに注ぎます

演出で葉を一枚さします

DSC_0948

【掻敷としての菖蒲の葉の演出方法】

天ぷらのカゴなどに挿して使います 高さがでて強い印象を与えられます ススキの花などでも同様の演出ができます

DSC_0953

 

掻敷としてひきます 刺盛りや焼き物などはこのような使い方をします

DSC_0954DSC_0956

菖蒲の葉は鮮やかで見事な緑色です 初夏の季節を表すのに最適な掻敷です 料理に積極的に利用しましょう

■菖蒲の葉で箸置きを作ります

子供の日などにご家庭でもお勧めです 食卓が明るくなります また、日本料理店でも季節の演出として喜ばれます 使用する前に菖蒲の葉は水洗いを良くしてください 特に土がついていると台無しですし、不衛生です注意が必要です

では、箸置きを作ります

最初に菖蒲を切りつけます 一番葉先の部分は長めに切ってください この葉先が菖蒲の葉らしい雰囲気をかもし出します 葉先が変色などしている場合は、斜めに切り落としても構いません 葉先以外の部分も2本ほど切りつけます 先ほどの葉先よりも短めに切ってくださいDSC_0991

この三枚を重ねます 一番上に葉先を置いてください きちんと揃えます

DSC_0992

続いて、和紙をおります 和紙でなくても天麩羅の紙や衛生的な紙ならばなんでも構いません 写真のように両端から折って下さい

DSC_0993

DSC_0994

和紙を開いて、菖蒲の葉を置きます 上が裏になりますので、葉先を最初に置いてその後に茎の部分を置いてください 先端を和紙の先端と揃えます

DSC_0995

和紙を止めます ここでは、松葉串を利用しています 松葉串が手に入らない場合はご飯粒などを糊の代わりにして止めます また、モールのような物を利用しても良いでしょう しかし、衛生的な物を利用してください

DSC_0998

DSC_0997

松葉串を写真のように止めます こちら側が裏面です 使用する際はひっくり返します

DSC_0999

 

出来上がりです 葉先を少し切って使用しています

DSC_1000

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る