日本料理の鍋 矢床鍋 やっとこ鍋 だるま鍋

【やっとこ鍋 矢床鍋 だるま鍋】

日本料理で使用する鍋です 大量の調理用の大鍋と異なり比較的少量の調理にむいています アルミ製が主流ですが、ステンレス製や銅製も見うけられます 大きさは直径で10センチ位の物から40センチ位の大きさです アルミ製は熱伝導 使い勝手 丈夫さ 価格で大変に優れています
 

 
これ以上大きい鍋は円付鍋(取っ手の付いている鍋)を使用します この円付鍋は直径20センチから60センチの大型の鍋で大量の調理にむいています
 
 
やっとこ鍋の販売価格はアルミ製で1000円から5000円程度です 平均的大きさの鍋ですと2000円程度です 特に目盛り付きがお勧めです

DSC_0728
【やっとこ 矢床 名前の由来】
やっとこ と言う名前の道具があります これは、鍛冶屋などで使用している道具の名称です 金属、金属板などを、つかむ道具をやっとこといいます なぜ、鍋にこの名前がついたかというと、この鍋の使用方法にその理由があります この鍋には、持ち手や取ってがありません その理由は、重ねられことを重要視しているからです
 

持ち手の無い代わりに、道具として「やっとこ」を利用して鍋を掴みます やっとこを利用する鍋なので「やっとこ鍋」と呼ばれるようになりました そのため「やっとこ」は必ず必要な道具になります 鍋を購入する際は同時にお買い求めください 布製の鍋つかみや素手では危険です

DSC_0759

閉じている状態

DSC_0760

開いている状態

【使用方法】
やっとこで掴んで持ち上げます ガスの火に手が近づくことになります やけどには注意してください やっとこは鍋に対して垂直に持ちますが、少し自分の方を下げるように傾けると安定します はじめは落ちそうな感じがしますが慣れれば落ちることはありません
DSC_0769
DSC_0766
 
 
鍋の大きさはガス台の大きさを考えて使用します また、煮炊きする食材に合わせて大きさを選んでください 煮こぼれ防止には多少大きめな鍋がお勧めです
 
 
醤油などを空焚きなどで焦がすと、汚れを落とすのが大変に苦労をします 焦がさないように注意したください 特に火加減の調整が大切になります 沸騰後は適度に弱火にしてください 荒煮などは鍋の淵を拭きながら使用します これは焦げた味が食材に移らないようにするためです
 
 
こまめに鍋磨きも実施します 和食ではピカピカに磨くことが大切とされてい 磨く際にクレンザーは使用しません その理由はクレンザーは曇りの原因になります ハイターやマジックリンも使用しません 磨く際はボンスターを利用して食器洗剤で力を抜いて磨きます 顔が映るくらいが理想です 若い職人は初期段階で鍋磨きを教わります 道具の大切さを勉強するのにも良い教材です 鍋磨きで大切なのは、鍋を磨いた後に必ず綺麗な布で拭きあげることです 鍋を磨いた後には研磨された汚れが微粒子で付着します これを取り除かないで鍋を利用すると、食材を汚染することになります 必ず拭きあげてくだい 詳しくは「やっとこ鍋磨き方」を御覧ください
DSC_0789
DSC_0791
DSC_0792
 
 
アルミの鍋の場合は酢に弱い性質です 酢を使用する際は長時間鍋に放置せずに早めに容器に移しましょう また、洗浄機の薬剤もアルミ鍋は不向きです

道具関係の記事です 特にだし巻き鍋や包丁磨きの記事は人気です 勉強したい方はご覧ください

和食の包丁磨き 包丁の手入れは毎日行う ヘチマ、ダスター、消しゴム

調理場の年末大掃除 ステンレスの手入れ こすらない!漬け込み洗浄でピカピカ

中華鍋を使い始める前にすること 焼き方と磨き方 後悔しない一生物

だし巻き卵フライパン 銅鍋を使う前にすること 和食の道具

箸の持ち方を和食料理人から学ぶ 種類 大豆つかみ 基本ルール 上達ポイント

関連記事

アーカイブ

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

ページ上部へ戻る