桃の花を和食で使う方法 素晴らしい料理に大変身 3月の料理演出には桃の花 塩島、箸置き

桃の花

3月桃の節供 日本らしい大切な季節の節句 ひな祭り

日本料理での桃の花の使い方を解説してゆきます

日本料理と桃の節句

3月の献立として、または先取りで2月の献立として桃の節供に関する料理が作られます 正月は新春の演出をして、それが終わると2月の節分そいて3月のひな祭りと続きます 季節の演出は言うまでもなく日本料理では大切です 3月の桃の節供は大切な季節の行事として日本料理でも活かしてゆきたい行事の一つです

花屋で購入した桃の花は束になっています

3月の日本料理の演出

3月の桃の節供にちなんだ日本料理はたくさんあります

最初に桃の節供といえば思いつくもの、飾り、食べられる物を集めてみましょう

雛人形

菱餅

白酒

桃の花

ひなあられ

五人囃子

はまぐり

ちらし寿司

お団子

などがおなじみです 日本料理でもこれらを上手に取り入れて季節感がある献立に仕上げます 有名な献立では

菱餅真丈

はまぐりの羽二重

鰆の白酒焼き

金柑甘露煮

てまり寿司

など数えだしたらキリがないほどたくさんの料理があります

 

【 お酒類 リキュール 】『 宝酒造 ももやま白酒 290ml 』アルコール分:12度【桃の節句】【雛まつり】【ひな祭り】【販売時期の予定】1月下旬~4月下旬

きんかん 国産 金柑栗甘露(葉付き)1本(総重量1000g)業務用 ヤヨイ 山福

【ミニ雛人形】 3509 菱台・高杯セット

アリックス 巾着ひなあられ 55g バラ売 {ひな祭り ひなまつり 女の子 お祝い パーティー 和菓子 豆菓子} {子供会 景品 お祭り くじ引き 縁日 お菓子} 【駄菓子】 [18A11]

雛人形 久月 ひな人形 雛 ケース飾り 親王飾り よろこび雛 オルゴール付 【2018年度新作】【MVP受賞記念品】 h303-k-4-38-abcd 【dl】0250ya_1

桃の花

さて桃の花も料理では大活躍をします 春を感じて、ひな祭りの3月らしさを表現してくれます 「花桃」として花屋や市場で購入することができます 実際に庭先に咲くのは3月の後半から4月が多いので、2月くらいから献立で使いたい場合はどうしてもハウス物などを買う必要があります

 

和食で使う場合は蕾を良しとします 花が咲いている物は花びらが散りやすく料理を汚してしまいます キレイに咲いている満開の桃の花を使いたいところですが我慢が大切です 花の散りにくい蕾を使いましょう 直ぐに使えない場合は冷蔵庫で開花を遅らせてください 新聞紙で包んでしまうことで蕾の状態が維持されます

蕾を買いましょう

このくらいがキレイです

 

桃の実

桃の実についてもふれて置きます

和食で桃の実を使うことは非常にまれです どちらかと言うと避けられる傾向があります 原因は色が変色しやすいのでお客様に出しにくいと言うことです 価格も高い、腐りやすいのも飲食店ではつい避けられてしまいます

和食ではワインや日本酒で煮てデザートなどにされたり、寒天で固めたりして使われますが缶の白桃を使う店も多いようです ひな祭りの演出としては桃の実は最適ですが、工夫が必要なようです

 

和食での桃の花の使

具体的な使い方の前に基本的な使い方をまとめます

桃の枝の長さですが、10センチほどの物を使います

花が散りやすいので蕾を使う

虫に注意

食材に直接触れない

などが基本的な桃の花の使い方です

花は咲いている方がきれいなのですが、花びらが直ぐに落ちてしまいます 蕾もしくは咲いたばかりのものを選んで使ってください また、虫がついていることがあります 洗剤水に一度通してから使い目でも確認をしましょう 虫がお客様の料理に登場してはクレームとなります 食中毒も考えて直接料理に触れることも避けます

さて、桃の花の長さですが10センチから15センチが使いやすい大きさです 料理に合わせて調整をしてみてください

 

この後は日本料理での具体的な使い方です

桃の花を塩島に飾る

塩島を作ってゆきます

卵白と塩を混ぜてます 硬さを調整をしてまとまる程度に練ります

青のりを入れます

伯方の塩 1kg

香り最高 青のり粉60g

三島食品 青のり 3.5g×10個

塩と卵白です

青のりを入れます

 

島や岩石をイメージして丸めます

よく混ぜて

こんな感じにまとめます

 

中央に穴を開けます 割り箸などで適当に1から3程度開けます ここに桃の花を刺すことになります

角度を考えて置きます

南天も添えました

 

 

R040 さい箸 木 調理器具 菜ばし 菜箸 木製

割り箸 元禄箸8寸(モクレン材)5000膳

価格:5,346円
(2018/2/11 13:03時点)
感想(99件)

割り箸などで穴を開けます

ここに桃の花を刺すことになります

 

焼き台やオーブンで焼きます 180度で10分位で仕上がります

冷めるのを待って桃の花を飾ります 桃の枝の元を斜めに切ると入りやすくなります

桃の花の塩島の完成です

 

桃の花で箸置きを作る

桃の花で作る箸置きは感動を生みます 簡単に作れます チャレンジしてみてください では作ってゆきます

和紙を巻きます 天紙がおすすめです 丈夫で衛生的です 基本的には白色です

 

天紙(耐油) 天ぷら・揚げ物用敷き紙 厚手タイプ 500枚入り #0397 197×218mm/油とり紙 ペーパー

 

耐油天紙3寸 300枚入/業務用/新品/小物送料対象商品

耐油天紙 6寸 18X18cm 300枚入【N】

天紙です13センチ角の小型のものです

天紙を折ってゆきますが、箸袋を作る感じで作ってみてください 袋状になれば形は多少違っても問題はありません

では実際に折ってゆきます 半分に折って、さらに左右から内側に折ります

最初は半分

左右を折込

 

下を折り曲げて袋状にします

下を折込ます

桃の枝を刺して完成です

完成した桃の花の箸置きです

桃の花を使った料理写真

最初の写真はホッキ貝のグラタンです 2月の中頃、ホッキ貝も旬を迎えます 料理に直接触れない良い使い方の例です

殻盛りのホッキ貝のグラタンに桃の花を添えています

 

続いての桃の花の使い方です やはり直接料理に触れない使い方となっています 季節感がよくでています

盛り込みをした前菜に添えています

桃の花は器の下に差し込んでいます

 

まとめ

2月に入れば桃の花は手に入ります 3月のひな祭りや春を感じる明るい花です 料理がひときわ春めいて見えます 是非、使ってみてください



 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
a8mat=2HX0AI+27S3UA+39TY+62ENL" target="_blank">

このサイトについて

このサイトは、日本料理の研究と普及を目指しています 経験年数20年以上の和食職人に寄稿していただき、それらをわかりやすく編集をして公開をしています 原則すべて無料で公開となっています 

専門用語には解説をいれて、写真を多用して納得度がアップするように心がけています どうしても、伝え難い技術は動画も用意しています

調理方法は一つではありません このサイトの調理方法以外にもたくさんのやり方があります 関西や九州、北海道などの地域による違いもあります それらを理解をして、このサイトで学んだことを最初の地図として歩まれることを希望します

経験年数の少ない職人はもとより、日本料理を学びたい方すべてのお役に立てれば何よりです 

世界に誇れる日本料理のさらなる発展を願います

 

おすすめ記事

  1. 赤だし汁 一言で言えば味噌汁の一種です しかし、奥深い味噌汁となります 一筋縄ではゆかない技…
  2. 玉味噌の使い方 実践料理レシピを公開 前回の記事「玉味噌は和食の最重要味噌 こうやって作る 4つの…
  3. 松前漬け 昔、北海道またはその一部を松前と呼んでいました 北海道はご存知のように昆布が名産 その昆…
  4. ブルーベリーは夏の果物 夏に収穫されるブルーベリー国産のブルーベリーも多く見られるようになりました…
ページ上部へ戻る